アメトーーク 消滅危機は相変わらず‼︎ ところで「フライング」って何? その意味を解説します。

本日テレビ朝日の亀山社長が、

定例会見にて「アメトーーク!」の存続を明言されました。

スポンサー離れが激しく、

「消滅の危機か!?」

と、業界内で話題が持ちきりですが、

本日の亀山社長の発言内容によって、

番組の継続問題も、小康状態になることが予想されます。

こちらの内容については、こちらもご覧いただければと思います。

テレ朝亀山社長 「アメトーーク!」「ロンハー」継続を宣言! 吉本との蜜月関係の賜物か!?

ただし、

本当にこのままの状態で、

「アメトーーク!」をこれまで通り続けられるのか、

疑問があります。

その一方で、

ネットの世界を中心に、盛り上がっているのが、

「フライング」

という言葉なのです。

スポンサーリンク


ネット検索で頻出する「フライング」という言葉の意味とは?

ネット検索をする際、

検索ワードとして頻繁に出てくるのが、

「アメトーーク!」「消滅危機」「フライング」

という、ワードです。

「アメトーーク!」と「消滅危機」というワードが

よく検索されているのは理解できますが、

一体この「フライング」というワードは、

どんな意味で検索されているのでしょうか?

真相を調べてみました。

スポンサーリンク


「フライング」は、宮迫氏が番組から飛んで消えるという意味

ネットの世界を中心に、

今回の宮迫氏をはじめとする芸人の反社会的勢力との関係による謹慎事件について、

いろいろな意見が飛び交っています。

その中で、

これまでずっと「アメトーーク!」を応援していた視聴者たちは、

「アメトーーク!」が存続できる方法について

いろいろと活発な意見が飛び交っています。

その中で、多くの賛同意見を獲得していたのが、

「謹慎中の宮迫氏を飛ばして(フライング)、宮迫氏抜きで番組を継続させること。」

という意見でした。

そう、この

「フライング」

という言葉の意味は、

「フライング」=「宮迫飛ばし」

という事だったようです。

どうやら、

テレ朝の亀山社長の発言を元に推測すれば、

「アメトーーク!」自体が、

早急に番組終了となる事はなさそうです。

どんなに早くても、

10月の改編までは放送されると予想されます。

遡れば、

テレ朝は「アメトーーク!」自体の継続を

いち早く決定していましたが、

そのタイミングはまだ、

宮迫氏が謹慎処分になる前の話でした。

一方で、

現在宮迫氏は謹慎中の身ですが、

それでもテレビ朝日は「アメトーーク!」の継続を明言しました。

MCは、これまで通り、

雨上がり決死隊の蛍原さんが務める形で

番組を進行していく予定のようです。

場合によっては、ゲストのMCを招いて、

蛍原さんと2人で番組を進行していく選択肢も

健闘されているようですが、

当面は、

蛍原さんの単独MCで番組を継続していく模様です。

現在、

宮迫氏の「ウソ発言」により、

宮迫氏のイメージが付いている番組に関しては、

世間の目はとても厳しい状態であることは

間違いありません。

そのため、

それまでの視聴率等の数字や、視聴者からの反響は、

ものすごくシビアに見られると思いますが、

蛍原さんが宮迫氏が戻ってくるまで、一人で番組を支える!

というような意気込みで頑張れば、

意外に面白い番組を構築できるかもしれません。

そして、

そんな蛍原さんの頑張りを視聴者が認めて、

視聴率も良いスコアをキープできるかもしれません。

宮迫氏自体が、

ものすごく厳しい目で世間から見られるのは、

してしまったことの、事の重大さを考えれば

致し方がない事ですし、

テレビ朝日や業界内にも、

「アメトーーク!」という番組自体に宮迫氏の影がちらつき、

イロモノ扱いされてしまう可能性もありますが、

こんなスキャンダルに負けないように、

これからも蛍原さんをはじめとする

番組出演者と番組制作陣には、

本当に頑張って欲しいと思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする