青木篤志 人気プロレスラーの事故死に、鈴木みのるも「マジか・・・!」

人気プロレスラーの青木篤志さんが、3日に首都高速でバイク運転中に交通事故死したことが分かりました。

3日午後10時半ごろ、東京都千代田区北の丸公園1の首都高速道路のトンネル内で事故にあった模様です。その後搬送先の病院で残念ながら亡くなりました。カーブを曲がり切れず、事故を起こした模様です。

青木さんは仕事に向かう途中だったと関係者からの証言がありました。

スポンサーリンク


プロレスラー青木篤志のプロフィールは?

全日本プロレスで活躍中で、つい先日の5月20日に、「世界ジュニアヘビー級王者」に戴冠したばかりの青木選手のプロフィールを見てみましょう。

本名     : 青木 篤志
リングネーム : 青木 篤志
ニックネーム : 青き閃光
身長     : 170cm
体重     : 85kg
誕生日    : 1977年9月25日
出身地    : 東京都大田区
所属     : 全日本プロレス
スポーツ歴  : レスリング
トレーナー  : 秋山準・小川良成
デビュー   : 2005年12月24日

タイトル歴

<全日本プロレス>
世界ジュニアヘビー級王座 – 第37代、第39代、第47代、第51代
アジアタッグ王座 – 第92代、第99代、第101代(パートナー:鈴木鼓太郎→佐藤光留)
Jr. BATTLE OF GLORY – 2016年優勝
JUNIOR HYPER TAG LEAGUE – 2013年優勝(パートナー:鈴木鼓太郎)
Jr. TAG BATTLE OF GLORY – 2014年、2015年、2016年優勝(パートナー:ともに佐藤光留)

<プロレスリング・ノア>
GHCジュニアヘビー級タッグ王座 – 第13代(パートナー:丸藤正道)、第15代(パートナー:鈴木鼓太郎)
日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦 – 2010年優勝(パートナー:KENTA)、2011年優勝(パートナー:鈴木鼓太郎)

<AAA>
AAA世界タッグチーム王座 – 第6代(パートナー:潮﨑豪)

<ハードヒット>
グラップリングトーナメント – 第2回 優勝

前述の通り、今年の5月20日に、全日本プロレス「世界ジュニアヘビー級王者」に戴冠したばかりでした。今月18日には東京・後楽園ホールで防衛戦も決まっている状態でした。

まだ41歳と、プロレスラーとしては、これから脂ののった活躍ができる年代に差し掛かったこの時期の訃報に、業界関係者は、ショックと深い悲しみに包まれています・・・。

スポンサーリンク


業界関係者からの、青木選手を惜しむ声・・・

タイトルにも書きましたが、鈴木みのる選手は、ツイッターで、

「青木。つい先日店にきてくれたのに。まじか。。。」

と、驚きを隠せず・・・。

TAKAみちのくも、ツイッターで

「グラウンドテクニックが素晴らしい選手でいつかじっくりやってみたいと思ってました。青木篤志選手、心よりご冥福をお祈り致します」

とツイートしています。

永田裕志選手は、

「青木篤志さんのご冥福を心よりお祈り致します。合掌」

とツイート。

とにかく、多くの業界関係者が深い悲しみに包まれている、青木選手の突然の訃報・・・。
青木選手の、ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする