ゴゴスマ 石井亮次 遂に退社へ!宮根誠司とそっくりの声!二人の意外な接点とは?

TBS系列で放送中の、お昼の情報番組「ゴゴスマ」(月~金曜、午後1時55分~)で、番組開始当初から司会を務めるCBCテレビの石井亮次アナが、2020年3月いっぱいで所属先のCBCテレビを退社し、独立することを発表しました!

フリー後の所属先は、

大手芸能事務所「ジャパン・ミュージックエンターテインメント」だそうです。

篠原涼子さんや谷原章介さんなど、有名俳優・女優さんが所属するだけでなく、最近では2016年にフジテレビを退社しフリーになった、加藤綾子さんも所属する大手芸能事務所です。

最近ちょっとした話題の、鈴木杏樹さんも所属しております・・・。

スポンサーリンク


石井亮次アナのプロフィール

出身地       大阪府東大阪市
生年月日    1977年3月27日(42歳)
血液型     O型
最終学歴    同志社大学文学部卒業
活動期間    2000年~
ジャンル    報道・情報系
配偶者     あり
出演番組   「ゴゴスマ~GO GO!Smile!~」

元々実家がガソリンスタンドである石井アナは、学生時代、家族が経営するガソリンスタンドでバイトをしていたそうです。その関係で、「危険物取扱者」の資格を取得しているそうです。

余談ですが、私も学生時代ガソリンスタンドでバイトをしていましたが、「危険物取扱者」の資格を取ると時給が上がるという事で、勉強して取得した経験があります。

元々CBCテレビの前身である中部日本放送には、スポーツ実況要員として採用されたようですが、スポーツ中継を担当したのは入社後2年間のみで、以降はバラエティ番組から報道番組まで幅広く担当されています。

石井アナと言えば、しゃべりにおける独特な”間”があることで有名ですが、これは上岡龍太郎さんの影響を受けているようです。

2007年に横山ノックさんが亡くなった際、「横山ノックを天国へ送る会」で上岡龍太郎さんが弔辞述べられましたが、この動画を見て、その弔辞を完全に再現できるほど上岡龍太郎さんの読み方をマスターし、その読み方や間の取り方を、自身のトークの参考にしているそうです。

石井アナはもともと大阪生まれのため、関西の大御所に対して大いに影響を受けたのですね。

スポンサーリンク


石井アナのしゃべりが宮根誠司さんと激似とのうわさ!

その石井アナのしゃべりは、ネット上でちょっとした話題になっているのをご存じでしょうか?

それは・・・

そうなんです、石井アナと宮根誠司さんの声がそっくりとのことなのです。

石井アナが全国区になった「ゴゴスマ」と宮根さんがMCをしている「ミヤネ屋」は、平日の午後同時間に放送されているワイドショー番組です。

一般的には、日本テレビ系列で放送されている「ミヤネ屋」のほうが放送期間が長く、知名度が高かったため、一般視聴者が、

「ミヤネ屋」を見ているかと思ったら「ゴゴスマ」だった!

というパターンが多いようですが、確かに聞き比べてみるととても似ていると感じます。

※ミヤネ屋:2006年から読売テレビが放送スタートさせた。2008年から日本テレビでも放送を始め、東京など全国で視聴できるようになった。

※ゴゴスマ:2013年、CBC(名古屋市)で放送が始まり、2015年からTBSでも視聴できるようになった。

一方、そんな石井アナと宮根さんですが、過去フリーになることを相談していたのだとか。

そのエピソードは、2017年7月9日にTBS系列の「サンデー・ジャポン」に初出演した時の話です。

前述の通り、2015年から名古屋ローカルの番組からTBSでも放送されるようになり、石井アナが一気に全国区になった後の事。

サンデー・ジャポン出演者の西川史子さんが、

「普通のキャスターの人って上からじゃないですか。みんなコメンテーターはキャスターに気を使った発言をするのに、石井アナの場合は誰も気を使っていないっていうか、自由に。上からじゃないので、西川家はゴゴスマ派」

なんて発言をされた際、

フリー転身について質問された石井アナが、

「いや、まったく考えてございません!

と、全面否定。

但し、その1カ月ほど前に宮根アナと会食した際のエピソードとして、

「ちなみに私、今フリーとかどうですか?」

と尋ねたら、宮根アナからは

「2年待て。2年たってバーンって知名度上げて、まだそんな気持ちあるんやったらオレんとこ来い!」

と言われたとコメントしておりました。

共に東京キー局ではなく、ローカル(と言っても大阪と名古屋)出身の男性アナウンサーで、既にフリーアナとして成功されていた宮根さんの動向は、石井アナも常に気になってはいたのでしょう。

一方で、今後石井アナの活躍の場としては、当面「ゴゴスマ」のMCは続けるとのことで、これまでお世話になったCBCへの恩義もあっての継続出演なのだと思いますが、今後は系列の垣根を越えてどのテレビ局にも出演できるようになった石井亮次アナ。

基本的には司会業を中心とした活動になるとは思いますが、以前ドラマ「陸王」にも出演した実績のある石井アナの事。

その端正な容姿を生かして、ドラマ出演等含めた幅広い活躍を期待せずにはいられません。

今後も石井アナファンの期待を裏切らない、素晴らしきご活躍をお祈りしております。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする