ホンダ 13年ぶりのF1優勝! フェルスタッペン レッドブル・ホンダで圧巻の走り

F1オーストリアGPの決勝レースが行われ、

2番グリッドからスタートの、

レッドブル・ホンダを駆るマックス・フェルスタッペンが、

見事に逆転優勝しました。

今年の2019年シーズンからタッグを組む

レッドブル・ホンダとしては初優勝。

ホンダは13年ぶりのF1での勝利となりました。

以下、ホンダのF1マネージングディレクター山本氏の

感謝の声を伝える動画がアップされています。

スポンサーリンク


レッドブル・ホンダの初優勝はレッドブルの地元で達成!

レッドブルリンクでフェルスタッペン2連覇!

フェルスタッペンは、

昨年のレッドブルリンクのレースもトップチェッカーを受けており、

レッドブルの地元レッドブルリンクで堂々の2連覇達成です。

ホンダの山本氏はシーズン当初、2019年の初優勝を、

モナコGPまでに達成したいとの目標を語っておりましたが、

予想以上に強さを見せるメルセデスAMGの前に、

表彰台に上がるのがやっとという状況が

続いておりました。

ハミルトンのペナルティーで、フロントロースタートに!

フェルスタッペンの予選順位は3位でしたが、

予選2位だったハミルトンが、

予選中のライコネンへの進路妨害により

グリッド降格のペナルティーを受けました。

そのおかげで、

フェルスタッペンのスタート順位は一つ繰り上がって2位に。

決勝を最前列からスタートすることになりました。

フロントローは21歳対決に!

今回のレースのポールは、ルクレールのフェラーリ。

彼もまた21歳の将来を渇望される若武者です。

今シーズン2回目のポールポジションからのスタートとなりますが、

ルクレールはまだ優勝経験がありません。

決勝は71周の長丁場。

ルクレールが逃げ切るのか、

フェルスタッペンが逆転するのか。

メルセデスの2台も含めた、

緊迫したレース展開が予想されました。

スポンサーリンク


怒涛の追い上げでレッドブル・ホンダの初優勝が実現!

スタート大失敗で、7位まで順位を落とす!

フェルスタッペンのスタートは大失敗!

完全にストール気味になってしまい

加速力を失います。

一時7位まで順位を落とすハメになり、

さすがにここからの追い上げも、厳しいと誰もが思ったはずです。

フェルスタッペン本人も、

「スタートで失敗して終わったと思った!」

と、レース後のインタビューで答えていましたが、

なんとか無事に走り始めたフェルスタッペン。

彼はレースを全く諦めていませんでした。

異次元のペースで、残り2周でトップに!

とにかく、スタート時のミディアムタイヤから、

ハードタイヤに変えた後のフェルスタッペンの走りは、

異次元のものでした。

ベッテル(フェラーリ)、ボッタス(メルセデスAMG)を次々と抜き去り、

レースも残り2周の69週目には、ルクレールもパス!

トップに浮上しました。

ルクレールを抜いた時に2台が軽く接触し、

この件が「レース後審議」となっていますが、

これがペナルティーになってしまうのであれば、

レースはペナルティだらけになってしまいます。

私の希望的観測ですが、今回はこのまま、

フェルスタッペンの優勝で良いのではないかと思います。

※レース後の審議は、現地時間18時から始まり、

両ドライバーへの聴聞も含めた審議は1時間45分にも及びましたが、

最終的にレーシングアクシデントと判断されて

フェルスタッペンの勝利が確定しました。

日本の、世界のホンダファンに皆さま、本当によかったですね!

表彰台で、ホンダマークを指差す!

シーズン当初から、

「ホンダとのプロジェクトを楽しみにしている!」

と語っていたフェルスタッペン。

チームメイトのガスリーと比較しても、

異次元の速さとレースでの勝負強さを発揮し続けてきました。

そして、第9戦目のオーストリアGPで、

レッドブル・ホンダの初優勝をチームにプレゼント。

その際、ポディウムに上がる前に、

自分のレーシングスーツのホンダマークの刺繍を指差し、

ホンダへのリスペクトを示してくれました。

このシーンを見たホンダファンの方々は、

本当に嬉しかったのではないでしょうか。

ちなみに私もこのシーンを「DAZN」で見ていて、

目頭が熱くなりました。

シーズン中にあと何回勝てるのか?

レッドブルリンクでのレース自体は、

下馬評ではレッドブル・ホンダは

優勝候補ではありませんでした。

パワーの全開率の高いコースでは、

直線がめっぽう速いフェラーリが有利ですし、

メルセデスAMGの2台の安定した戦いぶりは、

いつでもレッドブル・ホンダの手強いライバルです。

それでも今回、フェルスタッペンは勝ちました。

今年に入ってフェルスタッペンはものすごく成熟し、

大人のドライバーへと成長したと言われています。

しかし、昨年までの熱いフェルスタッペンは、

まだまだ健在です。

今後、レッドブル・ホンダが

得意とするサーキットがあります。

ハンガリーやメキシコあたりでしょうか。

昨年、トップ走行中に周回遅れと接触して優勝を逃してしまった、

ブラジルでも、好走が見られるでしょう。

今回は本当にホンダにとっても、

大きな自信になる優勝だったと思います。

そして、ホンダの地元鈴鹿サーキットでの日本グランプリでも、

レッドブル・ホンダの優勝を見たいですね。

希望としては今年あと4勝して、

昨年のレッドブル・ルノーの4勝を上回って欲しいです。

今のフェルスタッペンなら、

十分可能だと感じられるほどの、

素晴らしいパフォーマンスを見せてもらいました。

レッドブル・ホンダ、そしてフェルスタッペン。

本当におめでとうございます。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする