蛍原徹 コメントを岡村が公表! 宮迫と一心同体も「ホトトーーク!」開始かっ?

雨上がり決死隊の蛍原徹さんが、宮迫氏の謹慎処分を受けて、

同じ吉本興業所属のナインティナインの岡村隆史さんに対して、

今の心情を打ち明けるコメントをしていたことがわかりました。

その中で、蛍原さんは

宮迫さんに対するコンビ愛を、お話されたということです。

スポンサーリンク


切磋琢磨してきた宮迫氏へのコンビ愛を吐露

口火を切ったのは、

ナインティナインの岡村さん。

27日木曜日の深夜1時から、ニッポン放送

「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」に生出演。

「雨上がり決死隊」の宮迫博之氏や、

ロンドンブーツ1号2号の田村亮氏らが、

反社会的勢力との間で「闇営業」を行い

謹慎処分となっていることについて、

番組開始から1時間近くに渡って、

ご自身の思いを話しました。

「吉本印天然素材」で同じ釜の飯を食った同士

ナインティナインは、

「吉本印天然素材」というユニットで、

「雨上がり決死隊」と共に、

1990年代にやってきた仲であることは有名な話です。

岡村さんがラジオで話された言葉を借りれば、

「同じ釜の飯食うてきた同志」
「20代はずっと宮迫さんと一緒にいましたからね。この人、面白い人やなーおもて。雨上がり決死隊のネタ、完コピできてましたからね、ずっと。なんなら3人でネタ考えたこともある」

と、過去の貴重な経験を話されました。

共に売れっ子芸人になってからは、疎遠に

その後、岡村さんは今回の宮迫氏の「謹慎処分」に対して、

「メチャクチャ可愛がってもうてたっていうのあるからこそ悔しい思いもある」

と今回の件を悔やんだ岡村。

「どっかで宮迫さんも20代の時、天然素材の時とは違って泥水すすってきて何とか頑張ってきたのに、ちょっと仕事が増えたことにより昔の宮迫さんとはちょっと変わってしまった部分があるのかも分からへんし」
「ちょっとなんか距離ができたなっていう風に思った時もあった」
「なかなかプライベートでも飯食いに行くこともなくなってしまった」

としながらも、

「仲間は仲間やっていう思いもあるし」

と、モヤモヤとした感のある、複雑な胸中を話されました。

蛍原さんの宮迫さんへの想いが切ない!

その後、宮迫氏とは連絡が取れていないとしながらも、

宮迫氏の相方である、「雨上がり決死隊」の蛍原さんとは話す機会があった模様で、

その時の蛍原さんのコメントを紹介しています。

それが、こちらです。

「宮迫がおったから今こうやってやらしてもうてんねん。だから俺はどうなってもかまへんねん。」

蛍原さんとしては、

これまで特に不仲説が出ることもなく、

宮迫氏と2人で「雨上がり決死隊」として、

苦楽を共にしてきたという想いが強いのでしょう。

お笑い芸人のコンビ愛というのは、

非常に強い絆で結ばれているケースが多く、

今回の蛍原さんも、宮迫さんに対する想いが溢れるコメントを、

岡村さんにされたのでしょう。

宮迫氏の現状を鑑みると、

復帰への道はとても険しく、遠いと予想されます。

それまで、蛍原さんが一人で

「雨上がり決死隊」の看板を背負い、

宮迫氏の復帰を待つのか・・・。

その一つのネタが、

思いもよらない展開に発展しようとしているのです。

スポンサーリンク


「ホトトーーク!」として番組継続か!?

雨上がり決死隊の二人がMCを務めてきた

人気バラエティー番組「アメトーーク!」が、

継続の危機に瀕しています。

提供スポンサーが次々に降りてしまう!

それは、

反社会的勢力からの金銭授受の事実が認められた、

宮迫氏がMCを務める番組に対して、

スポンサー各社が、

一斉に降りかねない状況に陥っているからです。

実際に、宮迫氏が反社会的勢力の忘年会に出席した報道がされた直後の放送では、
提供スポンサーである「三井住友銀行」と「アコム」の2社が、自社のCM放送を取りやめ、公共広告機構(AC)のCMに差し替えられていました。

今後も、このような流れが続く可能性があり、民放各局が視聴者と共にもっとも大切にしなければならない存在のスポンサーが離れてしまうことは、
会社の存続すら危ぶまれる状況に陥りかねないのです。

宮迫氏の出演部分を全てカットし再編集するという荒治療

直近の6月27日の放送では、

宮迫氏が出演している部分はすべてカットする応急処置の元、

番組が放送されましたが、

「アメトーーク!」の「アメ」は、

「雨上がり決死隊」の「雨」から取られている以上、

このままの状態で放送を続けることは、正直難しいでしょう。

当面蛍原さんが一人MCで番組を回していくこと!

そこで、一つの情報として流れてきたのは、

番組タイトルを

「ホトトーーク!」(仮)

として、9月いっぱいは現番組フォーマットを維持して、

放送を続けていく案です。

テレビ局関係者の話によれば、

「あの番組はひな壇に座る芸人の数が多いから、蛍原1人でも“撮れ高”はなんとかなる。もちろん宮迫がいなくてもトークも回るでしょう。」

という話です。

元々宮迫氏が謹慎発表後の6月27日の放送は、

前週よりも視聴率が約1%ほど上がりました。

世間的に、

宮迫氏が出演しない「アメトーーク!」に注目が集まった結果と思われますが、

番組としては、視聴者に定着しており、

蛍原さんの単独MCでも十分にやっていけるという判断もあります。

宮迫氏の謹慎が解けるまで「アメトーーク!」は継続できるのか?

宮迫氏の謹慎がいつ解けるのかは全くわかりませんが、

それまでの間、蛍原さんが孤軍奮闘で

「アメトーーク!」改め「ホトトーーク!」を守ることができれば、

謹慎後の宮迫氏復帰のお膳立てを、

相方として最大限の形でできるというわけですね。

それを世間が許すのか許さないのかは、

今後の宮迫氏の動向次第ではありますが。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする