カラテカ入江の「闇営業」 パーティーのギャラ問題と本当の目的を関係者が大暴露!

相変わらず、カラテカ入江氏の

「闇営業」問題から端を発した話題に事欠きませんね。

今回は、入江氏の5000人以上の人脈のうちの1人とされる、

とある会社経営者の男性からの証言が明るみに出てきました。

ここには、

問題となっている反社会的勢力の忘年会参加時のギャラの話と、

入江氏の闇営業の本当の目的について、

生々しい証言をしてくれております。

スポンサーリンク


一人100万ともいわれるギャラの真相について激白!

入江氏の人脈のうちの一人とされる会社経営者の男性は、

以下のように語ったそうです。

「世間では、同じ会社の芸人を誘って闇営業をしていたと報道されていますよね。入江は友達5000人を自称している通り、あらゆるところに顔が広く、まだ付き合いが浅い関係の方に対してもサービス精神が旺盛なんです」

「サービス精神が旺盛」という証言と、

入江氏の闇営業に関する真相と、

どのように繋がっていくのでしょうか?

以下、会社経営者の証言です。

「『もらったギャラを彼1人ネコババしたんじゃないか?』などと言われていますが、彼自身も他の芸人さんも言うように、ノーギャラだったことは事実だと思います。なぜならボク自身も友達の結婚式の二次会パーティーや飲み会に何度も来てもらっているんですが、彼はギャラを受け取らなかったのです。これはあくまでボクの想像ですが、金銭が発生したら、そこまでの関係になってしまう。しかし、依頼者側としたら、ノーギャラで飲み会に来てもらったら、彼に他の仕事を依頼しようとなりますよね。ノーギャラでの飲み会参加は、彼にとってボランティアではなく、一種の営業、つまり“種まき”のようなものだったのではないでしょうか。」

なるほど。

「種まき」という考え方が、

入江氏の「サービス精神旺盛」という行動の裏に見え隠れし、

目の前のお金に目がくらむことなく、

一定の関係を構築してから金銭の授受を始めるというやり方で、

「闇営業」を行っていた模様です。

この考え方は、

一般的な営業手法に通ずるところがあり、

現役バリバリの会社経営者等のビジネスマンから、

入江氏が受け入れられた要因なのかもしれませんね。

スポンサーリンク


反社会的勢力との付き合いと、忘年会に参加した大物芸人たちの本音は?

前述の通り、

手法は「闇営業」であったとしても、

そのプロセスは相手との関係構築を前提とした、

ビジネスマン的関係構築を遂行していたカラテカ入江氏が、

忘年会主宰者が

「反社会的勢力とは知らなかった!」

という発言に関して、

にわかに信じがたいと感じました。

何故なら、

ビジネス的関係構築を進めていく上で、

相手の遡上を調べる(もしくは知ろうとする)

というプロセスは必須だからです。

幾らビジネス的に意気投合し、気の合う方であっても、

相手が反社会的勢力であるとわかった段階で、

普通に考えればその相手との関係は遠慮するはずです。

しかし、入江氏はそうではなかった点を考えると、

前述の会社経営者の証言にあるような、

ビジネスマン入江氏としては、とても脇が甘かったと感じますし、

何か裏があるのでは?

とすら疑ってしまいます。

また、

反社会的勢力との忘年会に、入江氏のお願い一言で出席し、

ノーギャラでしかも、自身の歌まで熱唱していた

宮迫博之氏をはじめとする芸人の方々は、

この会に敢えて参加したメリットはどこにあったのでしょうか?

この「闇営業」問題は、

とても謎が深まる問題になってきました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする