カラテカ入江 ワタミ社長が友達否定! 財界人とのつながりはウソだった?それとも掌返し??

カラテカ入江氏の

「闇営業」に端を発した報道が後を絶ちません。

今回の報道をきっかけに、

入江氏が持つ人脈にも傷がつき始めている模様です。

特に、

財界人のパイプとして報道されている内容に対して、

反論をする財界人の方々が、

これからどんどん出てきそうな雰囲気があります。

その第1弾が、

居酒屋チェーンのワタミ創業者で参院議員の

渡辺美樹氏です。

スポンサーリンク


ワタミ社長の渡辺美樹とは?

居酒屋チェーンのワタミ創業者である、

渡辺美樹氏のプロフィールを見てみましょう

名前    渡辺美樹(わたなべ みき)
生年月日  1959年10月5日(59歳)
出生地   神奈川県横浜市
出身校   明治大学商学部
前職    ワタミ会長 陸前高田市参与
所属政党  自由民主党(無派閥)

ワタミの創業者という立場以外にも、

過去に教育再生会議(安倍内閣)委員、

神奈川県教育委員会委員を2006年10月14日から2009年10月30日まで

務めた経歴があります。

また、

ワタミという居酒屋チェーン自体は、自社の従業員に対し

「365日24時間死ぬまで働け」

と書かれた理念集を配布しています。

実際に従業員が過労自殺するなど、

人命に関わる不祥事が度々起こしたことから、

「ブラック企業」と批判されるようになりました。

また、

ワタミのグループ会社となる「ワタミの介護」の介護施設で、

事件や事故が続出していることが報じられています。

代表的なものは、

・2012年2月16日に、入居していた当時74歳の女性が入浴中に溺死し、当初ワタミ側は、遺族に病死と報告していたが、その後の警察の司法解剖の結果、溺死と判明した。

・神奈川県の施設に入居していた当時87歳の男性は、床ずれの悪化から敗血症になるまで放置され、その後に入院となり、5日後に死亡したことなどが報じられている。

これらに対し、

ワタミの代表渡辺美樹氏は、公式サイト内で、

いくつかの不祥事が起きているにもかかわらず、

ブラック企業との批判を

「到底受け入れられるものではない!」

と反論しました。

その根拠は、

・業界内の平均値よりも、離職率や時間外労働時間が下回っていること、

・残業手当を含めた年収が高いこと

などです。

これらの事を受け、

ワタミ自体は、「ブラック企業大賞」を受賞しています。

2012年ブラック企業大賞では、「ブラック企業」にノミネートされ、

総投票数の49.8%を獲得し「ブラック企業市民賞」を受賞しました。

2013年ブラック企業大賞では、唯一2年連続でノミネートされ、

ウェブ投票の72%の票を集め、

ブラック企業大賞と一般投票賞をダブル受賞しました。

スポンサーリンク


ワタミ代表渡辺美樹氏は、入江との友人関係を否定。ただ過去のfacebookには・・・

今回の報道を受け、

「週刊文春」が渡辺氏と入江氏との親交を確認するための取材を申し込むと、

ワタミ広報部より以下のような回答があったそうです。

「(『ワタミ×よしもと おもしろ宴会部』は)正規の『契約書を締結した会社間契約』であり、渡邉と入江氏は連絡先を交換しておらず、社会通念上の『友達』という表現はあたらないと思います。『友達』という表現は、入江氏の演出上の表現で事実と異なります。ワタミ及び渡邉のイメージを意図的に傷つける報道がなされた場合は(略)顧問弁護士と協議の上相応の措置を取らせて頂くこともあります。」

そもそも渡辺氏と入江氏との接点を作ったのが、前述の

「ワタミ×よしもと おもしろ宴会部」

というコラボ企画だったようです。

ワタミは吉本と共同で2013年から約2年間程度、

「ワタミ×よしもと おもしろ宴会部」という

プロモーション企画を立ち上げ、

入江と入江軍団と呼ばれる若手芸人も

「よしもと宴会部」として「中途入社」。

入江氏は「宴会部長」に任命され、

13年4月23日にはワタミ本社で

「中途採用入社式」なるイベントも開かれました。

2013年8月23日付けの、

渡辺氏のFacebook投稿には、

「私、渡邉美樹とも友達だと公言して下さり、今年「ワタミ宴会部・部長」に就任していただきました。」
「入江さん、すごく礼儀正しく真面目です。そして彼なら許せてしまうという「かわいらしさ」があります。」

との投稿がなされています。

渡辺氏はこちらの投稿をされたことを

覚えているのでしょうか?

こちらにはしっかりと入江氏が渡辺氏の事を

「友達だと公言した」事を喜んでいる投稿ですよね。

確かに、

今回の「闇営業」及び「反社会的勢力」との

つながりが報道された入江氏に関して、

つながりを持っているという事が世に出れば、

イメージダウンが避けられないですが、

過去にこのような投稿をされている渡辺氏が、広報部を通じてにはなりますが、

前述のような内容をオフィシャルにされるという事の方が、

逆に渡辺氏のイメージダウンに繋がってしまうのではないかと考えます。

今後も、このような報道が

どんどん明るみに出てくるのでしょうか。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする