KANA-BOON 騒動謝罪 3人で初ライブ サポートメンバーからの呼びかけが熱い!

4人組ロックバンド「KANA-BOON」に関する

飯田さん失踪事件後、初のトピックスとなります。

こちらは、6月23日に東京渋谷の「WWW X」で行われた、

対バンライブに出演したためです。

活動休止を発表した、

ベースの飯田佑馬さんの代わりにサポートベーシストを迎え、

メンバー3人で元気にライブ出演を行った模様です。

カナブーン飯田 憔悴もツイッターで無事を報告!離島のペンションにいたとの情報も。

スポンサーリンク


3人のメンバーからは謝罪、サポートベーシストからはファンに対する呼びかけが!

対バンライブのステージに姿を見せたメンバーは、

ボーカルの谷口鮪さんから、

「本当に心配おかけしました!」
「シナリオが用意してくれたファイナルなので、今日は全力でこの4人でぶち抜きたいと思いますので、よろしくお願いします。」

と、謝罪と今後に対するコメントを発表されました。

今回のライブに関しては、

ロックバンド「シナリオアート」の結成10周年記念

10年対バンツアーの一環で行われたものです;

カナブーンのメンバーは、谷口らさん3人で出演。

療養中の飯田さんの代わりに、

シナリオアートの「ヤマシタタカヒサ」氏がベースとして参加し、

カナブーンのステージをサポートしました。

そのヤマシタ氏から、カナブーンのファンに対して、

以下のようなツイートがされています。

暖かいコメントですね!

カナブーンのライブ感溢れるパフォーマンスにファンも熱狂!

そのサポートをしてくれたヤマシタ氏に対して、

ボーカルの谷口さんは

「今日は力を貸してもらって!」

と、感謝のコメントを行いました。

また、続けて今後の活動について、

「飯田が休んでるから心配してくれてることもあると思いますけど、今できることを残りのメンバーでやっていこうと思いますので、これからもどうかよろしくお願いします。」

と何度も頭を下げていた模様です。

ファンからは、大きな拍手が起こっていたようです。

スポンサーリンク


逃亡から戻ってきた飯田さんの今は、今後の活動はどうなるのか!?

さて、行方不明から無事帰宅した、

飯田さんの今と今後はどうなるのでしょうか?

飯田さんは、今月6月5日から連絡が取れない状態となり、

警察に捜索願が出された事が明らかになっていました。

その後、ファンや関係者を中心に大きな騒動となりましたが、

6月15日深夜に自宅に戻ったと報告されています。

19日に「KANA-BOON」公式サイトにて、

飯田さんが「精神的な病気」と公表されました。

今回音信不通になった理由については、

「音楽活動の中での、個人的な不安やプレッシャー」と説明されています。

今後については、

「本人が心身共に健康な状態に回復するのを待ってから、改めて話し合う予定です。」

と記されており、

今現在は全くの白紙の状態という事になります。

カナブーン事態のバンド活動は、

メンバーの谷口鮪さん、古賀隼斗さん、小泉貴裕さんの3人で

継続すると発表されています。

一説には、カナブーンのメンバーの中で、

飯田さんの技術が劣っていた、そしてそれをご本人が痛く気にしていた、

というような報道もなされています。

このような状況での失踪が本当なのであれば、

・精神的な回復

・技術面の向上

この2点は、すぐに解決できる問題ではないと予想します。

ファンとしては、

1日も早い元気になった飯田さんの復帰を望んでいる事と思いますが、

なかなか早期の復帰は難しいのかもしれません。

飯田さんの早期回復を祈りつつ、

今後の「KANA-BOON」の活動を、見守っていきたいと思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする