加藤容疑者 女性医師殺害の山形大生 容疑否認「覚えていません」! フィギュアを買う金銭目的の犯行か!?

山形県東根市のマンションで、

女性医師矢口智恵美さん(50)が殺害された事件で、

逮捕された山形大4年の加藤紘貴容疑者(23)の身柄が、

山形地検に送られました。

矢口さん殺害容疑について、加藤容疑者は、

「覚えていません!」

という趣旨の供述をし、容疑を否認している模様です。

山形大生 加藤紘貴容疑者 当日の朝複数の部屋を覗く姿が!計画的犯行か!?

スポンサーリンク


防犯カメラの映像から、加藤容疑者の犯行とみて捜査しているが、本人は容疑を否認

この事件は、

山形大学4年の加藤紘貴容疑者が先月5月19日、

東根市のマンションの一室で、眼科医の矢口智恵美さんの頭を、

ゴルフのパターで何度も殴り、殺害した疑いで逮捕されたものです。

事件当日の早朝、

矢口さんの部屋に不審な人物が入っていく姿が近くの防犯カメラに映っており、

警察はこの人物が加藤容疑者とみて詳しい動機などを調べています。

警察によりますと、加藤容疑者は

「覚えていません!」

と、容疑を否認しているということです。

スポンサーリンク


1ヶ月のみ映画研究会に所属。熱く語る趣味も!

加藤容疑者の大学の後輩の証言が、衝撃的です。

「(加藤容疑者は)映画研究会に1か月だけ所属していた。フィギュアについて熱く語るちょっと怖い人だった。」

フィギュア好きだったとの証言が出てきました。

「ちょっと怖い人」という表現が気になりますね。

もちろん、熱狂できる趣味があることは良い事ですが、

この趣味と今回の犯行を結び付けるような証言は、

今のところ出てきておりません。

一方で、こちらも加藤容疑者を知る大学の友人の証言ですが、

「漫画好きで、よくしゃべる普通の学生だった。逮捕されるような極端な行動に出るとは思えない」

との事でした。

今も、警察での詳しい取調べが続いている、今回の事件。

被害者の矢口さんご本人や、ご遺族のためにも、

加藤容疑者本人が、正直な供述をし、

この先の人生をかけて償っていってほしいと思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする