熊本 大雨で22万人に避難勧告! 梅雨前線で記録的豪雨! この大雨は来週以降も続くのか!?

梅雨前線の影響で、

西日本から東日本にかけて断続的に非常に激しい雨が降っています。

今後、雨は降り続く予報が出ており、

記録的な大雨となる可能性がある模様です。

この雨で、

熊本県、石川県、愛媛県の24万人以上に

避難勧告が出されています。

スポンサーリンク


熊本県内は、今後も雨量が増え、予断を許さない状況に!

とにかく熊本県内は、30日の深夜から、

雨脚が強くなっている模様です。

気象台からの情報では、30日深夜から午前6時までの間に、

1時間に70ミリの強烈な雨が降っていたと見られます。

前述の動画の通り、

熊本県益城町の岩戸川が氾濫し、道路や畑が冠水している状況です。

午前10時現在は、

熊本市の12市町村、22万人を対象に、避難勧告が出ている状態です。

また、16の市町村に土砂災害警戒情報が出ています。

付近に崖がある方など、とても危険な状況にありますので、

速やかな避難をして頂きたいと思います。

とにかく熊本県は、

ここ数年で地震等の天災が起きており、

県民の方々にとってはとても不安な状況が続いています。

その上で、

またこのような梅雨前線の影響による

大雨の状況に見舞われてしまっています。

今後も熊本県内は、

7月1日の未明から朝にかけて、

激しい雨が降るおそれがある模様です。

熊本にお住いの住民の方々は、

土砂災害や川の増水、氾濫などに、十分な注意を払って、

しっかりと身の安全を確保していただければと思います。

スポンサーリンク


日本海側の石川県でも、断続的に降る雨がにより河川の氾濫の恐れがっ!

一方で、

日本海側の石川県でも、断続的に雨が降っており、

能登地方を中心に河川の増水が相次ぎ、

合計3つの河川では一時、氾濫危険水位を超えた模様です。

午前11時現在、輪島市など3つの市町では、

約8万世帯、およそ1万8000人に対して、

避難勧告が出ています。

また、輪島市は、

降り続く大雨の影響で土砂災害の危険度が高まった状態にあり、

午前6時半に警戒情報が発表されています。

大雨の影響は、公共交通機関にも出ており、

JR七尾線の「羽咋」から「七尾」間が運転を見合わせている他、

のと鉄道も「七尾」から「和倉温泉」間で

運転を見合わせている状態です。

6月の最終週に発生した梅雨前線により

大きな被害が出ている今回の大雨ですが、

来週以降もまだまだ天気は雨予報になっていますので、

引き続き警戒が必要な日々になりそうです。

くれぐれも、

身の安全の確保を第一にしていただければと思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする