熊沢英昭容疑者 息子の顔写真がネット上に!出身大学を大暴露。有名なゲーマー?

元農林水産事務次官の、熊沢英昭容疑者が、長男を殺害したとされる事件について、熊沢容疑者が妻に対して「次に暴力をふるわれたら長男に危害を加える!」という内容の話をしていたようです。
熊沢容疑者の体には、息子から暴行を受けたとみられるあざが確認されており、警視庁練馬署は、熊沢容疑者が長男から暴行を受けることで精神的に追い込まれ、やむなく息子を殺害するに至った可能性があるとみて、動機などを慎重に調べているようです。

スポンサーリンク


ネット上には、殺害された息子の顔写真が遂に!

熊沢容疑者が殺害した長男の顔写真が、ツイッター上に拡散されています。本名はどうやら、「熊沢栄一郎」だそうです。
この方がネット上に投稿してきた内容は、度々取り上げられていますが、その中でも代表的なものがこれですね。

「勝手に親の都合で産んだんだから、死ぬ最期の1秒まで子供に責任を持てと言いたい」

熊沢容疑者の長男も、東大卒なのか?

元エリート官僚である熊沢容疑者の出身大学は、天下の「東京大学」です。

その後のキャリアは、以下の通り「農業協同組合新聞JA COM」の人事速報に掲載されていました。ピカピカのキャリアですね。

・1967年農林水産省入省
・大臣官房総務審議官
・畜産局長
・経済局長
・1998年7月農林水産省審議官
・2001年1月農林水産省事務次官
・2005年チェコ大使

そして年収は、事務次官は月に約140万円。年間で約2300万円と公表されています。

そんなエリート官僚の長男、「熊澤英一郎」氏も、父親にならって東大卒なのでしょうか?

どうやら、違うようです。以下が「熊澤英一郎氏」の学歴のようです。

・代々木アニメーション学院アニメーター科卒業
・HAL東京中退
・代々木アニメーション学院キャラクターデザイナー科卒業

どうやらアニメーション系の専門学校を卒業しているようです。

出身高校については、今のところ報道されていませんので、情報を掴み次第、こちらの記事を更新させて頂きます。

その後、6月6日発売の「週刊文春」で、英一郎氏は流通経済大学大学院の、修士課程を終了したということが記載されていました。
(2019年6月6日追記)

スポンサーリンク


「熊澤英一郎」は有名なゲーマーらしい!

熊澤英一郎氏は、「ドラクエ10」の世界では、超有名な人物だったようです。
「ステラ」「レアル」「神崎弘海」などのハンドルネームを使っていた模様です。

以下のようなツイートが、ツイッター上に投稿されています。

このように、ゲームの世界では有名な人物だった「熊澤英一郎」氏。
今なおログイン中の「ドラクエ10」の後始末は、だれがどのようにするのでしょうか。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする