カナブーン飯田 憔悴もツイッターで無事を報告!離島のペンションにいたとの情報も。

今月6月5日から音信不通状態で、家族から捜索願が出されていた

「KANA-BOON」の飯田祐馬さんの無事が確認されたことが、

16日、公式サイトとメンバーのツイッターで報告されました。

スポンサーリンク


「KANA-BOON」公式サイトで、飯田さんの無事を報告

公式サイトでは以下のように、飯田さんの無事を報告されました。

「6月5日(水)より、音信不通の状態が続いておりました飯田祐馬(Ba)ですが、昨日6月15日(土)の深夜にご家族より、本人が帰宅したとの一報を受けました。」

家族によると、飯田さん本人の様子は、

「憔悴してはいるものの、怪我などはない。」

警察にもその旨を報告していると伝えた。

その上で、更にメンバーは、

「KANA-BOONの今後の活動につきましては、本人の体調をみつつ、メンバーと共に話し合いを進めたいと考えております。」

と伝えています。

とにかく、飯田さんが無事にご帰宅されたということで、

ファンをはじめ多くの方々が、安堵されたのではないでしょうか。

スポンサーリンク


音信不通の間、一体どこで何を? 離島にいたとの情報も!

飯田さんが無事であったことが一番喜ばしい事ではありますが、

6月5日に行方を眩ませてから10日以上の間、

一体どこで何をしていたのでしょうか?

一説には、

最近まで八丈島のペンションに泊まっていたという情報もあり、

警察が捜査をしている模様です。

また、昨日の報道では、

飯田さんの失踪に事件性はなく、

捜索願が出された東京都世田谷区の成城署では、

飯田さんが自分の意思で姿を消した

「一般家出人」扱いでこの案件を

取り扱っていた事がわかっています。

今のところ、11日間の飯田さんの足取りは、

情報として上がってきていません。

6月15日に予定されていた企画ライブの直前に姿を晦ました飯田さん。

このタイミングで姿を眩ませなければならない理由は、

一体なんだったのでしょうか?

憔悴した状態で家に戻ったとの情報もありますので、

1日も早い回復を祈りながらも、心配していたファンのためにも、

ご自身の言葉で今回の件に関する誠意ある説明を

して欲しいと思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする