宮迫博之 事務所解雇後に謝罪会見へ!田村亮も同席!事務所への不満爆発か?

昨日の7月19日に、吉本興業との契約が解除され、事実上の引退に追い込まれた宮迫博之が、急遽謝罪会見を行うそうです。

宮迫氏はこれまで、数々の反社会的勢力との絡みと、その人間関係の中で金銭の授受の有無に対して、マスコミを中心とした議論の的になっておしました。

カラテカ入江 人脈のきな臭さがヤバい!詐欺集団への闇営業で、吉本興業解雇!?

宮迫にも闇営業問題が! ノーギャラ釈明もオフホワイトではなくブラック確定!

「闇営業」騒動渦中の宮迫博之 圧倒的にバッシングが多い理由は、反社会的勢力会長夫人との関連性にあった!?

宮迫100万受け取り 闇営業で吉本興業が発表。税務修正申告と寄付も驚きの金額格差

そしてその場には、現在謹慎中のロンブー田村亮も同席すると言います。

急遽実施が決定となったこの謝罪会見で、一体二人はどんな事を語るのでしょうか?

スポンサーリンク


突如発表になった宮迫の吉本興業契約解除

昨日7月19日のお昼過ぎ、突如吉本興業から、

「宮迫博之とのマネジメント契約を解除する!」

という発表がなされました。

突如契約解除に至った原因は何か?

このtwitterでシェアされた記事にもある通り、

「今後の宮迫博之とのマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断し」

とあります。

この文面から推測する限り、宮迫氏が、更なる火種となるような「危ない付き合い」があるのではないかと推測されます。

例えば、

・「反社会的勢力」との付き合いが、宮迫氏本人の直接的な人脈として存在する。

・そのような反社とのつながりの中で、一定量の金銭の授受が存在する。

・そのような情報が、マスコミに流れる可能性が高い。

このような事が挙げられると思います。

そして、7月19日発売号のフライデーで、そのような可能性の高い記事が、ものの見事に出てしまったわけです。

金塊強奪事件で逮捕の被告と同席写真をフライデーが報道

はい。今度は金塊強奪事件の犯人と「ギャラ飲み」だそうです。

それにしても、次から次へと出てきますね・・・。今回は「FRIDAY」の記事連投。

宮迫氏は、この記事が出たことで、心が折れてしまい、謝罪会見をすることを吉本興業に対して拒否したとの報道も出ています。

そして、この件と色々と調べていくと、こんな情報も!

おっと~~~!!!

NEWSの手越クンではないですか!

これまでも色々ときな臭いニュースを提供してくれていた手越クンですが、今回の宮迫氏の「ギャラ飲み」相手と同様の集団なんだとか。。。

これでまさかの手越クンまで芸能界引退に追い込まれるなんて事があるのか・・・?

こちらはこちらで、これまた最近色々と話題になったジャニーズ事務所の判断を待ちたいと思います。

スポンサーリンク


本日の謝罪会見が持つ意味とは?

宮迫氏は、吉本仕切りの謝罪会見を直前でキャンセルしたと言われています。

ここに含まれる意味合いは、

・もう芸能界に未練はないから会見しない。

・吉本仕切りの会見には出席したくない。⇒吉本の思惑を汲まなければならないから

・今更会見をする意味を見いだせなかったから。

などの理由が考えられます。

ロンブー亮氏と一緒に会見するのはなぜ?

前述のtwitterの投稿を見て頂いた通り、本日の謝罪会見は、宮迫・田村亮2人で実施する模様です。

しかも、この謝罪会見のセッティングには、吉本興業は絡んでいないようです。

ここで気になるのは、何故田村亮氏と一緒に会見をするのか?

田村亮氏は、未だ謹慎中の身であり、今現在はまだ、吉本のマネジメント下にある芸人です。

一方で、宮迫氏は既に吉本を解雇された身。

この2人が一緒に会見することで生まれる効果は何なのでしょうか?

また、2人が一緒に謝罪会見をすると決めた、その目的は何なのでしょうか?

田村亮氏の吉本との関係がどうなるのか?

既に、宮迫氏と吉本興業の関係は、修復できないくらい悪化していたと言います。
そこで、吉本興業は思い切って、宮迫契約解除に踏み切りました。

一方で、契約解除後に、一度は断った謝罪会見をする決断をした宮迫氏は、
ある意味吉本への充てつけとも取れなくはないですが、

一緒に謝罪会見に参加する田村亮氏は、今後吉本との関係がどうなっていくのか、
注目していく必要があります。

今回の、宮迫氏と共に会見に出席することで、吉本との関係が悪化することも考えられます。

そこまで腹を括った状態で、本日マスコミの前に出てくるのか?

すべては、本日の15時です。

これまで沈黙を貫いていた二人が、マスコミの前で何を話すのか!

とても楽しみな会見となりそうです。

この記事に最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする