宮迫博之 来年1月の舞台で復帰決定!反社との関わりは?電撃的吉本復縁発表か?

反社会的勢力との闇営業が発覚し、謹慎状態が続いている、雨上がり決死隊の宮迫博之さんが、来年1月に芸能活動再開の目処が立ってきた模様です。

どうやら、来年2020年1月10日から上演される、東京・Bunkamuraシアターコクーンでの舞台「七転抜刀!戸塚宿」に出演予定とのことです。

この復帰には、当初から宮迫さんをサポートしてきた、明石家さんまさんの意向が強いと言われていますが、その後の芸能活動については、まだまだ未定のようです。

スポンサーリンク


「七転抜刀!戸塚宿」とはこんな舞台

この舞台は明石家さんまさん主演の舞台ですが、舞台の内容は出演者はこんな感じです。

明石家さんまの主演舞台「七転抜刀!戸塚宿」が来年2020年1月10日(金)から1月31日(金)まで東京・Bunkamuraシアターコクーン、2月20日(木)から2月26日(水)まで大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールで上演される。

「七転抜刀!戸塚宿」は、時代が幕末から明治へと移り変わる中で、藩士の“仇討ち”を軸に繰り広げられる物語。ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)に携わった福原充則が脚本を務める。出演は中尾明慶、山西惇、温水洋一、八十田勇一、犬飼貴丈、吉村卓也、加瀬澤拓未、粂川鴻太、佐藤来夏、佐藤仁美。

「斬るか、斬られるか!? 抱腹絶倒の仇討ち!」と謳われる本作でさんまがどのような活躍を見せるのか注目だ。

※出典元https://natalie.mu/owarai/news/350206

出演者の顔ぶれを見ると、とても見応えのある舞台になりそうですが、この舞台で宮迫さんが復帰後、どのような演技を見せるのか、とても楽しみではありますね。

元々演技派でも知られる宮迫さん、復帰への道を導いてくれた、さんまさんのためにも、渾身の演技を見せてくれる事でしょう。

今からとても楽しみですね。

スポンサーリンク


反社会的勢力や吉本興業との関わりは?

思い出してみましょう。宮迫さんが謹慎状態になったのが、6月24日でした。
そこかや約半年の謹慎期間を経て、舞台での復帰となる宮迫さん。

その当時は、私もこのブログで宮迫さん関連の記事をいくつか書かせていただきましたが、

宮迫にも闇営業問題が! ノーギャラ釈明もオフホワイトではなくブラック確定!

宮迫博之 闇営業で大炎上も、テレビ朝日「アメトーーク!」に守られ今後も安泰!?

「闇営業」騒動渦中の宮迫博之 圧倒的にバッシングが多い理由は、反社会的勢力会長夫人との関連性にあった!?

「アメトーーク!」宮迫ウソで消滅危機? 番組を絶対に続けられない理由とは?

宮迫復帰はいつ? 吉本芸人の謹慎処分から見る テレビ局からお笑い芸人が消える理由とは!?

宮迫100万受け取り 闇営業で吉本興業が発表。税務修正申告と寄付も驚きの金額格差

宮迫博之 事務所解雇後に謝罪会見へ!田村亮も同席!事務所への不満爆発か?

宮迫 謝罪会見でクーデター!吉本興業とのやり取りを引退覚悟で全て暴露!

宮迫博之 嫁画像が美人!闇営業問題で三行半か?遂に家を出る!

こう見ると、結構書いてますね。笑

嫁が美人とか、宮迫さんからしてみたら大きなお世話ですね!笑

最近の宮迫さんは、子ども食堂の運営や清掃活動など、ボランティア活動に取り組んでいらっしゃったと聞いていますが、気になるのは、この闇営業問題が勃発した時に、度々報道された、宮迫さんの反社会的勢力との繋がりについてです。

宮迫さんは、反社会的勢力との繋がりは無いのか?

宮迫さんの「黒い交際」疑惑で、直近出ていたのが、2016年に福岡市内で発生した金塊強奪事件の主犯格として逮捕され、今年7月に「フライデー」で、宮迫さんが、大阪市内の飲食店で同席したと報じられた野口和樹被告との関係。

こちらがその時の「フライデー」の記事ですが・・・

※出典元https://bluesea0925.com/talent/9088/

こちらの記事に関しても、宮迫さんと野口容疑者の供述が大きく食い違いを見せています。

この「黒い交際」と噂された報道一つ一つを解決していく事は、とても時間のかかる、困難を極める話ではあると思いますが、この辺りをクリアしていかないと、既に宮迫さんに貼られてしまっている”世間からのレッテル”を、剥がしていく事は難しいと思います。

また、その一つ一つの疑惑を解明していくことで、宮迫さん自体のイメージの回復や信用の回復に繋がっていくと考えられますが、現段階での宮迫さんの状況を考えると、今回のように舞台や全国各所の営業としての仕事は入ってくるかもしれませんが、タレント活動の王道である「テレビ出演」への道は、まだまだ遠いと言わざるを得ないでしょう・・・。

宮迫博之完全復活への道は、まだまだ険しいと言わざるを得ないかもしれません。

吉本との関係は未だ解決せず・・・

宮迫さん関連で世間を騒がせたのは、吉本興業との関係もありました。

日本中を騒がせた、「謹慎」→「契約解除」→「契約解除の解除」のドタバタ劇は、世間の失笑を買ってしまったと言っても過言ではありません。

その吉本興業との関係は、今のところ何も解決していないというのが正直なところのようです。

関係者の話によりますと、

宮迫さん自身が吉本との話し合いのテーブルに着くことを拒絶しており、“元サヤ”決着は絶望的

だということです。

当面の間、今回の復帰を後押ししてくれている、明石家さんまさんの事務所である、「オフィス事務所」所属で活動する予定のようですが、元々この会社は、明石家さんまさんの節税対策として設立された会社出あり、タレントのマネジメントを行う会社ではありません。

本来のマネジメント事務所が行う、「タレント宮迫博之への仕事の供給」という視点で考えると弱いと言わざるを得ず、宮迫さんが完全復活をするためには、吉本興業との関係修復は必須と言わざるを得ないでしょう。

「宮迫さんをかこむ会」は明日11月21日開催!

元々宮迫さん芸能界復帰に向けた動きのきっかけとなったのは、明石家さんまさん主催で行われる、

「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに。そして白紙に戻った男を囲む会」

の報道がなされてから。

業界関係者が多数参加すると予想されるこの会で、前述の舞台出演が正式発表される可能性が高いようです。

この場で宮迫さんが、報道陣に対して何らかの対応をする可能性は高いと考えられており、宮迫さんがどんな言葉を発するのか、とても注目が集まることが予想されます。

私はこのタイミングで、吉本興業への復帰が、宮迫さんの言葉として発表されることを切に願っています。

なぜなら、宮迫さん本来の魅力を表現できるのは、現段階ではテレビというメディアが一番であることは間違いなく、そのためには、各テレビ局に対して強力なパイプを持つ吉本興業の力を借りることが一番だからです。

確かにこれまで、吉本興業の対応も含めて、納得が行かない点が多々あったのは事実かもしれませんが、過去宮迫さん自体の軽率な行動で、吉本興業に迷惑をかけてきたのも事実ですし、吉本興業に救ってもらった点があったのも事実だと思います。

そのような点も考慮しながら、宮迫さんが吉本興業に対してオトナな対応を見せてくれることを切に願っています。

繰り返しますが、それが”芸人宮迫博之”復活劇への、一番の近道であることは間違いないからです。

これからの宮迫さんの発言・行動に注視していきたいと思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする