宮迫博之 嫁画像が美人!闇営業問題で三行半か?遂に家を出る!

7月20日の謝罪会見で全てを話し、今や世論は吉本興業へのバッシングと、宮迫氏への擁護の状況へと変わりつつあります。

そんな中で、宮迫氏がことあるごとに「鬼嫁」とコメントしてきた、宮迫氏の嫁画像が改めて話題を呼んでいます。

そんな美人な奥様も、今回こそは宮迫氏に三行半を突きつけたという噂も・・・。

一体今後、宮迫家はどうなってしまうのでしょうか・・・?

<宮迫博之、家族は冷ややかな対応 自宅から妻は姿消す・・・>

https://www.news-postseven.com/archives/20190724_1418718.html

スポンサーリンク


宮迫氏の嫁画像

例えば、Yahoo!検索で「宮迫博之 嫁画像」で検索すると、幾つかの画像がヒットします。

そのうちの一つの画像がこちら。

出典:http://芸能人の嫁特集.com

とてもスレンダーな印象のお綺麗な奥様ですね。
それにしても、一緒に写っている宮迫さんも若い。

それもそのはず。

一緒に写っていると思われる、お子さんは既に大学生。

以前記事投稿をした通り、お父さんの影響からか、既にお笑い芸人として数々のステージに立っているのです。

こちらがその記事ですので、ご興味のある方はぜひどうぞ! ↓↓↓

宮迫博之の息子画像がネット上に! コンビ名はフライドポテト! 将来有望との噂は本当か!?

奥様の旧姓は「藤井」?

奥様は、「紀子」(のりこ)さんであることが、数々の情報からわかっています。

そして、旧姓は「藤井」ではないかとの推測がなされています。

それは、前述の息子さんが、「藤井陸」(ふじい りく)という名前で芸能活動をしていますが、この「藤井」という名字が奥様の旧姓でないかと推測できるからです。

息子さんは、父である宮迫氏と同じお笑い芸人を志すにあたり、業界であまりに有名になりすぎた「宮迫」姓ではなく、母親の「藤井」姓を名乗ることで、親の七光りではなく、いちお笑い芸人として大成したいと考えたのではないでしょうか。

奥様は元バレリーナ?

宮迫氏と結婚してからは専業主婦となった「紀子さん」ですが、結婚する以前は、バレリーナをされていた模様です。

ちなみに「紀子さん」の出身地は、大阪府枚方市香里園町出身という情報が出ています。

香里園は、大阪の中でも富裕層が多いエリアで、その意味では「紀子さん」も、比較的裕福な家で生まれ育ち、小さい頃からバレエを親しんでいたのではないかと推測されます。

写真の雰囲気で、とてもスレンダー美人のイメージは、バレリーナという背景から出来上がったイメージなのかもしれませんね。

スポンサーリンク


会見後家を出たという噂も。遂に三行半か?

これまで、数々の困難を乗り越えてきた宮迫夫妻。

過去には、

・宮迫氏のガン闘病

・「オフホワイト」不倫事件

等、報道されてきました。

宮迫氏ガン闘病

宮迫氏は、2012年12月に、胃がんの闘病のため、休養した時期がありました。

胃の3分の2を摘出し、約3週間ほどで退院されましたが、宮迫氏の胃がんは、スキルス胃がんと呼ばれるもので、胃がんの中ではもっとも厄介で進行も転移も早い胃がんであることが知られています。

宮迫氏は、このスキルス胃がんをステージ1A期で発見し、摘出手術を受けたことで、大事には至らず現在も元気に芸能活動を続けています。

但し、この時期ばかりはいつも厳しい奥様も、食事がお喉を通らないほど落ち込み、夫の回復を祈り続けたと言います。

そんな妻「紀子さん」ですが、宮迫氏との結婚エピソードがまたカッコ良いのです。

宮迫氏との結婚エピソード

宮迫氏と「紀子さん」は、18歳の頃出会い付き合い始めました。

しかし、宮迫氏が「吉本印天然素材」として東京に進出する頃、どうやら二人は別れているようです。

その時の経緯は明らかにされていませんが、東京で一旗上げなければならない宮迫氏と「紀子さん」が、遠距離恋愛になってでもお付き合いを続けていく覚悟が持てなかったからではないかと言われています。

しかし、その後「紀子さん」から、

「結婚するのか、一生会わないのかどっちなのか?」

という究極の選択を迫られ、宮迫氏が結婚することを選んだと言われています。

二人が結婚したのは、1998年のことです。

この時は、東京で活動する宮迫氏が、寂しさから思わず結婚すると伝えてしまったとの噂も。

それ以来、宮迫氏は、「紀子さん」に頭が上がらない状態になっているのだとか。

鬼嫁紀子さんが家を出たとの噂・・・

2017年8月の不倫「オフホワイト」事件でも、最後は、

「家族なんだから、あなたを助けるよ!」

の名言で宮迫氏の窮地を救ってきた「紀子さん」ですが・・・

今回ばかりはどうやら様相が異なるようです。

2019年8月8日号の「女性セブン」が、6月末から「紀子さん」の姿を近所で見なくなったと報じているのです。

「6月下旬頃から、奥さんの姿を見なくなったんです。女性問題が報道された時も近所ではにこやかに対応していましたが、今回ばかりは考えるところがあったのか家を出て行ったようです。大学生の息子さんも“話す気がしない”と寄りつかない。世間の目と違い、家族はどうも冷ややかなようです」
(宮迫の知人)

奥様ばかりか、息子さんすらも寄り付かないという状況が本当なのであれば、宮迫家がピンチな状態になっていることが伺えます。

元々今回の騒動のきっかけは、宮迫氏のウソ!

20日の記者会見を期に、宮迫氏擁護の流れが出来つつある状況ですが、元々この騒動の発端は、

反社会的勢力の会合に参加し、金銭を授受していたにも関わらず、

「お金は受け取っていない!」

と発言していた、宮迫氏のウソが発端です。

この会合に参加していた最年長の宮迫氏がウソのコメントをしてしまったことで、一緒に参加していた後輩芸人が、金銭を受け取っていたと言えなくなってしまったのが今回の一番の問題点。

その意味で、「紀子さん」は、

「嘘を重ね、後輩や仲間を巻き込んだことに相当なショックを受けていた。」

そうです。

これまで、どんな事があっても、宮迫氏を支え続けてきた「紀子さん」が本当に家を出てしまったのなら、宮迫氏は今一番のピンチに陥り、正念場を迎えている事は否めません。

宮迫氏の今後の動きとともに、宮迫家に再度平和が訪れるのか、そのあたりもしっかりとウォッチをしていかなければなりません。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする