宮迫博之の息子画像がネット上に! コンビ名はフライドポテト! 将来有望との噂は本当か!?

詐欺集団の忘年会に、

闇営業をしていたカラテカ入江氏の仲介で参加し、

金銭の授受があったことを告白して、謹慎処分を受けている、

雨上がり決死隊の宮迫博之さん。

その宮迫さんの息子も、

お笑い芸人であるとの報道がありましたので、

今回は、宮迫さんの息子さんについて、

記事を投稿してみたいと思います。

スポンサーリンク


宮迫さんの息子さんは、「宮迫陸」さんとの情報が!

宮迫さんのお笑い芸人を目指す息子さんは、

「宮迫陸」さんという名前のようです。

ここ数日、

ネット上でこのような情報が飛び交っています。

また、詳しい情報は定かではありませんが、

陸さんの学歴が、以下の通り情報として出てまいりました。

■小学校
・都内の公立小学校を卒業

■中学校
・成城学園に進学 → 卒業

■高校
・成城高校に進学 → 卒業

■大学
・成城大学に在籍中

一説には、小学校受験をされたもようですが、

その時は運悪く不合格となり、都内の公立小学校に進み、

中学校から、「成城学園」に通っている模様です。

成城学園は、中高一貫教育で、内部から大学に進学できるため、

陸さんはそのルートに進んだ模様です。

成城学園といえば、

比較的裕福な家庭のお子様が通う学校です。

もちろん、宮迫さんと言えば、

今や押しも押される大人気芸人ですから、

息子さんが裕福なご家庭で育っている事に関しては、

疑いの余地はありませんね。

スポンサーリンク


宮迫陸さんは、将来有望はお笑い芸人と「NEWSポストセブン」が報道!

6月26日の「NEWSポストセブン」が、宮迫さんの息子さんを、

将来有望なお笑い芸人として取り上げました。

以下、「NEWSポストセブン」からの引用です。

「今日はこの車で行こうか」「すっごーい、ベビーカー!」「そんなわけねぇダロ! オマエ!」。

軽快なツッコミに客席は揺れる。6月中旬の週末、東京郊外にある小さなカフェバーの舞台で、若手お笑いコンビがライブを行っていた。30~50人ほどの客席はしっかり埋まっている。

こちらは、芸能事務所関係者の証言です。

「彼らは大学のお笑いサークルに所属していて、高校時代からマニアの間で名の知れたコンビです。勢いがありますし、今はいろいろな舞台で修業中ですが、メジャーデビューも近いと思います。ただ、ツッコミの彼の父親が有名芸人ということもあって扱いが難しいところはある。本人は親の七光りは嫌だとひた隠しにしているんですが、風貌も似ているんですよ。公にしたらもっとウケると思うんですが(笑い)」

これだけ見ると、とても将来の明るい、若手お笑い芸人といえます。

その宮迫陸さんの写真が、見つかりました。

どうやら、「フライドポテト」というコンビ名で、

ご本人は、「宮迫陸」ではなく、

「藤井陸」という名前で活動している模様です。

さらにアップの写真をどうぞ!

目のあたりや瞼の感じなど、父親の面影を感じる事ができますね。

陸さんは、2001年生まれとの情報です。

過去も一部、父親の宮迫さんと一緒に活動をされた事があるようで、

2011年には映画「リアル・スティール」のテレビCMの吹き替えで、

父子共演を果たした実績があります。

この時の父子共演が実現した背景には、

「親子の絆をテーマにした映画で、陸くんと主人公の息子が同い年だったことから、宮迫さん親子にオファーがあった。その時彼は10才。宮迫さんは悩みながらも仕事を受けたそうですが、ちょうどその頃から『お父さんと同じ世界に入りたい』と芸能界に興味を持ち始めたそうです。」

という芸能関係者の話が出てきております。

中学2年生の時には、早くも友人とお笑いコンビを結成し、

めきめきと頭角を現したそうです。

そして、高校生の時には、全国漫才大会に出場し、

トップクラスの人気を集めたそうです。

高校3年生の時には150人収容のホールを

満席にした実績もあるとのこと。

現在は、進学した成城大学のお笑いサークルに所属しており、

月に3~5本のペースでお笑いライブに出場しているそうです。

このようなケースは、

「親の七光り」なんて世間から揶揄される場合がよくありますが、

陸さんの場合は、自らお笑いの道を志し、

場を経験することで腕を磨いている状態です。

父親の宮迫博之さんは、

反社会的勢力からの金銭授受問題で、

無期限謹慎中の身ですが、

どうか陸さんには、

そのような父親のスキャンダルにもメゲずに、

一人前のお笑い芸人を目指して、

日々精進していただきたいと思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする