宮迫博之 闇営業で大炎上も、テレビ朝日「アメトーーク!」に守られ今後も安泰!?

お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之が、

闇営業問題で大炎上しているのは周知の事実です。

宮迫にも闇営業問題が! ノーギャラ釈明もオフホワイトではなくブラック確定!

そんな宮迫ですが、

あるテレビ局と番組が続く限り、

彼の立場は今後も安泰と言われています。

スポンサーリンク


テレビ朝日の夜の看板番組「アメトーーク!」のMCは宮迫博之!

「アメトーーク!」は、

「雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーク!」として、

2003年4月8日に放送開始したトークバラエティー番組です。

番組タイトルや放送時間は色々と変更がありましたが、

今なおテレ朝の夜の看板番組として君臨する、長寿番組です。

そのMCを担当しているのが、宮迫博之。

今回の、一連の闇営業問題が明るみに出て、

宮迫本人も謝罪に追われる状況に陥りましたが、

テレビ朝日の広報部は、「日刊スポーツ」の取材に対し、

「(同番組について)放送予定に影響ありません。」

と回答しています。

現に、「FRIDAY」発売前日の6月6日に、

同誌のウェブサイト「FRIDAY DIGITAL」でこの件が速報で報じられたため、

宮迫が出演する同日夜の「アメトーーク!」の放送に注目が集まりましたが、

特に不自然な編集等は無く、そのまま何事も無かったかのように放送されました。

このアメトークに関しては、

テレビ朝日の中でも絶対にやめない事情があるようです。

前述の通り、「アメトーーク!」は

2003年から続くテレビ朝日の超人気番組です。

ゴールデン後の放送時間にも関わらず、

視聴率が10%を下ることはまずありませんので、

テレビ朝日側からすると、広告収入の稼ぎ頭の番組と言えるでしょう。

一方で、トークテーマを決めて、

スタジオに芸人を呼んでトークするだけですから、

制作費も抑えられるという利点があります。

更に、番組DVDは現在までに45本もリリースされており、

累計ではゆうに300万枚以上を売り上げているようです。

これだけでも100億円以上の売り上げになっている模様です。

年末など、長時間の特番が組まれる同番組は、

テレ朝にとっては放送すれば視聴率が取れる

いわば「ドル箱」コンテンツです。

今回の件で、

スポンサー等からのクレームなど押さえられないでしょう!

という業界関係者の証言もありますが、

テレビ朝日自体が、こんなにおいしい番組を打ち切るわけがない。

テレ朝の社員も『アメトーーク!』は絶対に終わらない!

と声をそろえているそうです。

スポンサーリンク


「アメトーークに招待します!」と軽はずみな発言をしても、不問に終わる宮迫の美味しい立ち位置

宮迫は、振り込め詐欺グループの忘年会に出席した際、

グループの「会長」と呼ばれる男性とその結婚相手を、

「せっかくなので、ぼく『アメトーーク!』っていう番組やってまして。お2人をぜひ、ご招待したいと思いまして」

と、公私混同極まりない発言をしていたようです。

この直前に、

グループ会長の結婚相手から宮迫に対して、

「抱きしめてほしい!」というお願いがあり、

宮迫も舞い上がっていたのかもしれません。

このような軽はずみな発言は本来許されることではありませんが、

テレビ朝日「アメトーク」と宮迫とのつながりによって、

不問に付されたのかもしれません。

過去に沢山の軽率な行動から

スキャンダルを起こしてきた宮迫氏。

今後も、良くも悪くも沢山のネタを提供してくれそうな気がするのは、

私だけでしょうか・・・。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする