「アメトーーク!」宮迫ウソで消滅危機? 番組を絶対に続けられない理由とは?

宮迫のウソがバレてしまい、一番の頭を抱えているのは、

テレビ朝日の「アメトーーク!」の制作陣でしょう。

反社会的勢力からの金銭授受が明るみに出てしまった「闇営業」問題を巡り、

吉本興業から所属芸人11人の謹慎処分発表を受け、

テレビ各局が対応に追われています。

その中で、最も大きな影響を受けそうなのが、

宮迫がMCを務める「アメトーーク!」を放送している

テレビ朝日だと思われます。

スポンサーリンク


当初は静観ムードだったテレビ朝日も、ここ数日の報道を受けて大幅に対応方針を変更か!?

「闇営業」問題が発覚した当初は、

いち早くこれまで通りの放送を継続すると発表していたテレビ朝日。

しかし、事態を重く見たのが、「アメトーーク!」の提供スポンサーであり、

20日の放送では、4社が同番組におけるCMの放送を見合わせ、

ACジャパンの広告に差し替わっていました。

テレビ朝日的には、いくら人気番組であっても

スポンサーに降りられてしまっては困るという状況の中、

追い討ちをかけるように、24日に明るみに出てしまった、宮迫氏のウソが、

大幅に対応方針を変更せざるを得ない状況になってしまいました。

テレビ朝日は、宮迫ら謹慎処分を受けた芸人の出演見合わせを

発表せざるを得ない状況になってしまいました。

テレビ朝日広報は、

「収録済みのものについては対応を慎重に検討しております。」

としていますが、

ここで慎重に考えなければならないのが、

テレビ朝日の看板番組である、「アメトーーク!」を継続するのかどうか?

という問題です。

実はここには、ある重大な問題が潜んでいるのです。

スポンサーリンク


「アメトーーク!」は、雨上がり決死隊なしには成立しない番組!

「アメトーーク!」は、深夜の放送時間の番組にも関わらず、

安定して視聴率10%を超える人気番組で、週に2回放送した時期もありました。

テレビ朝日としては、

絶対的に放送し続けたい番組ではあることは間違いないと思います。

しかし、既に提供スポンサーのCMの差し替えが発生している中、

「詐欺グループから金銭を受け取っていたタレントがMCでは、イメージが悪過ぎる!」

とのいう声が、同局内でも上がり始めているようです。

当面の宮迫さんの謹慎中は、

蛍原さんとともに宮迫さんの代役がMCを務めて

番組を続けていく可能性もありますが、

一方で

「スポンサーや視聴者の反応が良くないようなら

タイトルの変更やリニューアルも視野に入ってくるだろう。」

という声もあります。

なぜなら、

「アメトーーク!」のタイトルの「アメ」は、

「雨上がり決死隊」の「雨」から取られている番組タイトルだから

です。

どこまでいっても

「雨上がり決死隊・宮迫」の番組である

というイメージが拭い去れないからです。

今後、「アメトーーク!」自体がどうなってしまうのか。

人気番組のMCが起こしたスキャンダルは、

大きな代償を払わざるを得ない大問題に発展してしまいました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする