宮迫ら吉本芸人11人 金銭授受で謹慎! かばった先輩芸人赤っ恥の結末

危惧していた事が現実になってしまいました!

カラテカ入江仲介の「闇営業」問題で、

金銭の授受に関して一貫して「ノーギャラ」を主張してきた、

宮迫博之ら吉本芸人11人が、

謹慎処分になる事を所属事務所の吉本興業が発表しました。

スポンサーリンク


厳重注意が総勢11人謹慎処分に! 金銭授受が認められ「ノーギャラ」貫いた吉本芸人たちが一転して窮地に!

謹慎処分となるのは、

宮迫博之
田村亮
レイザーラモンHG
福島善成(ガリットチュウ)
くまだまさし
パンチ浜崎(ザ・パンチ)
ムーディ勝山
木村卓寛(天津)
八十島宏行(2700)
常道裕史(2700)
ディエゴ(ストロベビー)

の11人です。

当初はあくまで、カラテカ入江を窓口にした「闇営業」であり、

「詐欺グループである事は知らなかった。ノーギャラだった。」

との発言を繰り返していたため、

吉本興業から会に参加した芸人に対して、

厳重注意処分となっていました。

ところが、本日6月24日になり、

これまで受け取っていないとしていた金銭について、

受け取った事実があったと吉本興業が判断したようで、

前述の11人に対して、無期限の謹慎処分とすることになった模様です。

私は以前のブログ投稿で、

以下のような投稿を何度かさせていただきました。

闇営業 宮迫ノーギャラ嘘!100万貰う!300万のギャラを山分けか!?

「闇営業」騒動渦中の宮迫博之 圧倒的にバッシングが多い理由は、反社会的勢力会長夫人との関連性にあった!?

既に5年ほど前の話ではあるものの、

世に出回っている動画を確認しましたところ、

宮迫さんのサービス精神旺盛すぎる振る舞いに対する

「ノーギャラ」という発言について、

とても違和感を感じました。

芸人が人の集まる場所でネタをする場合、

「ノーギャラ」である事は、まずありえません。

なんらかの形で金銭の授受が発生する

「営業」である場合が大半です。

また、ケチで有名な宮迫さんのこと、

あれほどのパフォーマンスを披露する裏側に、

金銭が発生していないとは正直考えられませんでした。

これまで一貫して「ノーギャラ」を主張してきましたが、

宮迫さん本人が、ギャラの授受があったことを認めていますね。

このタイミングで金銭授受を認めるコメントを

出さなければならなくなるのであれば、

もう少し早いタイミングで発表することはできなかったのか・・・?

と疑問に思います。

この発表により、

これまで宮迫さんら参加芸人を擁護していた、先輩芸人たちにも、

泥を塗る形になってしまいました。

スポンサーリンク


宮迫らを擁護していた今田耕司氏は、この状況を受けて何と発言するのか?

吉本の先輩芸人である今田耕司氏は、今回の「闇営業」問題に対して、

宮迫氏をはじめとする後輩芸人たちを擁護するコメントを出していました。

今田耕司 闇営業でカラオケの宮迫氏を擁護。芸人の「止められない性」を指摘!「キャー!」が好き!!

いかにも”芸人の性”を知り抜いているのかごとく、

本音をさらけ出しながら後輩をかばった今田耕司氏。

逆に言えば、彼らのことを信用していると宣言した上で、

あえて擁護するような発言をすることで、

事態の沈静化を図るつもりだったと思います。

そんな先輩芸人の気遣いも、木っ端微塵に崩れ去ってしまった、

このタイミングでの「金銭授受」を認めるコメントの発表。

そして謹慎処分へ。

宮迫氏は、

「謹慎という期間を無駄にせず、皆さんのお役に立てる人間になれるよう精進したいと思います。」

とのコメントを出していますが、

今後「人の役に立てる人間になれる」のか・・・。

今回の謹慎で「アメトーーク!」番組スタッフをはじめ、

多くの関係各所に多大な迷惑をかけることになります。

その責任を、これからタレントとしてどのように償っていくのか・・・。

今後の成り行きを、見守っていきたいと思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする