ハイヒールモモコ メニエール病で引退の危機!帯状疱疹の痛みで気絶!?

耳鳴りや目まい、さらには激しい嘔吐に襲われる、

メニエール病と戦っている方は多いと聞きます。

芸能界でも、メニエール病の病と戦っている方は多いと聞きますが、

今日はこの厳しい戦いを30年以上も続けておられる、

ハイヒールモモコさんについて書きたいと思います。

スポンサーリンク


ハイヒールモモコさんがメニエール病に悩まされ始めたのは、30年以上も前の話

ハイヒールモモコさんが本日6月13日に出演したテレビ番組、

フジテレビ系『直撃!シンソウ 坂上』の中で、

メニエール病の辛さについて赤裸々に語っておられました。

メニエール病の症状が初めて出たのは、35年前の20歳の時でした。

モモコさん曰く、

「揺れてる!揺れてる!地震!!って感じ。グデングデンで歩かれへん。」

ほどの目まいに襲われ、激しい耳鳴りが起き、

「ホントに船酔いかな、気分が悪い、揺れてる揺れてるってなって、吐きそうになる。地獄やなって感じ。」

というような、激しい吐き気に見舞われたそうです。

それで病院に行ったところ、

「メニエール病」と診断されたそうです。

この当時はまだ、

メニエール病に対する治療法が確立されておらず、

症状が出た際は、点滴や薬で症状を和らげるという、

対処療法と呼ばれる手法で病状と戦っておられました。

その期間、約7年ほどだそうです。

一時的に症状が治っていたものの、

モモコさんが38歳の時に突然再発。

しかもよりによって、

車の運転中に突然目まいに襲われたそうです。

モモコさんは、慌てて急ブレーキを踏んだそうですが、

そのとき子供を乗せており、

子供は頭を縫うほどの大ケガをさせてしまったそうです。

その事に心を痛めたモモコさんは、それ以来

「車にも単車にも一切乗っていません。」

とおっしゃられていました。

そして更には、

漫才の最中にもめまいに襲われるようになってしまったそうです。

これでは、漫才に集中する事も出来ず、

その時モモコさんは、はっきりと「引退」を考えたそうです。

今は症状が治っているようですが、

「医者から完全に治ったって言われてないし、私も薬が無くなったら取りに行ったり」

と、病と付き合いながら

不安な日々を過ごしているようです。

追い討ちをかけるように、

昨年10月には、「帯状疱疹」を発症してしまいます。

モモコさんの顔面は、発疹で覆い尽くされ、

激しい痛みに悩まされたと言います。

その時の痛みの状況を、

「トラックにガッてひかれてグチャグチャになって血が出てるくらいの痛さ」
「痛さで気絶するかと思った!」

と語られており、

帯状疱疹の痛みの壮絶さを表現されておりました。

モモコさんは、この激痛で食事も睡眠も取れず、

体重が10Kgも減ってしまったとのことです。

スポンサーリンク


多くの芸能人が悩まされたメニエール病。多くの原因はストレス?

メニエール病は、過去にも多くの大物芸能人が

悩まされてきたと言われています。

八代亜紀さん、増田惠子さん、相田翔子さんなど、

多くの芸能人が発症したことでニュースになりました。

メニエール病は、ストレスなどが原因で、

耳穴の奥の内耳のリンパ液が過剰に増えるのが原因で起こります。

モモコさんと同じように、

メニエール病や帯状疱疹に悩まされている方も多いと思いますが、

水分の補給や有酸素運動により症状は鎮まるとされています。

現在のモモコさんは、

特に症状が出ていないそうですので、

現在同様の病で悩んでいる方は、

有酸素運動を取り入れた生活改善を

してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする