「並ばないから乗り放題」で通常の約2倍の人出 志摩スペイン村

私が住む愛知県の隣の県に存在する、志摩スペイン村。
1994年に開業し、今年25周年を迎えました。

4機のジェットコースターを含む28のアトラクションと、
スペイン人ダンサーの本格的なフラメンコショーやスペイン料理レストランなどが魅力で、
年間約120万人が訪れるテーマパークです。

このスペイン村が、今年1月にホームページに掲載したコピーが、
ちょっとした盛り上がりを見せているのです。

それは、どんな盛り上がりかと言いますと・・・

スポンサーリンク


SNS上の口コミから生まれた「並ばないから乗り放題」のコピーが大爆発!

スペイン村が、2~3月の閑散期企画として、
学生来場促進のための「学割チケット企画」を告知する情報を
ホームページ上に乗せた際のコピーが、

「並ばないから乗り放題」。

広告マンの私から見ても、「言い得て妙」な表現に思わず唸りました。笑

SNSの口コミを確認すると、他のテーマパークと比較して、アトラクションにすんなりと乗れたことや、
写真撮影の際、他人が写り込まずにスムーズに撮れた事などが評価されており、
広報担当者曰く、

「あるがままの良さを伝えようと思い、このコピーが生まれた」

そうです。

ただ、ネット上では、一種の自虐ネタをコピーにしたものだとの論調もありましたが、
決して自虐的な意味はなかったようです。

ちなみにこのコピーが今年2月に、twitter上で盛り上がり、その流れを受けて
テレビ番組やネットニュースでもでも取り上げられ、一気にマス情報として拡散していきました。

広報担当者のコメントとして、

「驚いたが、好意的なコメントが多く寄せられ、うれしかった!」

とのこと。

結果閑散期企画として実施された2〜3月は、例年の約2倍の学生客が訪れたそうです。

平成から令和へ!このGWの来場者も好調!

記事によると、平成から令和へと続く10連休の三日目、4月29日。
午前9時半の開園時には、オープンを待つお客様が並んでいたそうです。

それでも、

「どれだけ長くてもアトラクションの待ち時間は1時間以内」

と、広報担当者。

これでも、それまでの来園者数と比べれば、かなりの人出だったとの事です。

ただそれでも、待ち時間が長くても1時間以内という事であれば、
繁忙期であっても、比較的スムーズに各アトラクションを楽しむ事が出来るのではないでしょうか。

他の人気テーマパークにありがちな、
アトラクション2時間待ち!という状況に絶えられない方は、
一度「志摩スペイン村」を訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする