湘南乃風 REDRICE ゴルフ上手の秘訣は?飛ばしだけじゃない得意クラブの秘密

ゴルフ大好きの私が、独断と偏見で選んだゴルフの上手な芸能人について書いてみたいのですが・・・

湘南乃風 RED RICEさん

初回は、湘南乃風 RED RICEさんについてお話してみたいと思います。

芸能人御用達「叙々苑カップ」をはじめ、芸能人のゴルフコンペ等で暴れているなどの情報はあまり出てきませんが、ゴルフ大好きの私が、 RED RICEさんの凄さを思い知った動画がこちらです。

湘南から来た最強の挑戦者!!古閑美保は圧倒的な飛距離で迫られるもスーパープレーで応戦!?【プロバト】【湘南乃風】【REDRICE】【進藤大典】

スポンサーリンク



湘南乃風 RED RICE プロフィール

まずは月並みですが、RED RICEさんのプロフィールを見てみましょう。


※出典元:https://news.mynavi.jp/article/20191029-916288/

まずはお決まりのwikipwdiaより・・・

本名           森﨑 匠
生年月日    1976年1月9日(44歳)
出身地       神奈川県藤沢市
職業      歌手
所属グループ  湘南乃風
活動ジャンル  レゲエ
活動期間      1998年〜
※出典元:wikipediaより

ご存知人気レゲエグループ「湘南乃風」のリーダーとして存在感は抜群です。

抜群の雰囲気を誇るレゲエソングを数多くリリースしている、湘南乃風のリーダーRED RICEさんですが、この方のゴルフに対する熱い想いも相当なもの。

私自身は、前段でご紹介した、古閑美保プロとのゴルフ対決で初めてゴルフをプレーする姿を拝見しましたが、実に楽しそうにゴルフをされる姿が、動画内に収められていました。

スポンサーリンク



RED RICEさんの半端ないゴルフ愛

少し前の話になりますが、2016年7月20日に湘南乃風がニューシングル「はなび」をリリースする際、7月16日土曜日のTOKYO FMの渋谷スペイン坂スタジオにRED RICEさんが登場し、番組に生出演したことがありました。

「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」という番組だったのですが、その番組の中で、ゲストの意外な一面が覗けるということで大人気のコーナーだった、「ゲストの〇〇チャート TOP3!」で、RED RICEさんが、「行きたい国 TOP3」を発表しました。

その時、RED RICEさんがTOP3の国は、

第1位 スコットランド

第2位 アメリカ

第3位 タイ

だったのですが、理由は全て、

「その国でゴルフがしたいから」笑

でした。

この番組出演時は、RED RICEさんは

まだヨーロッパに行ったことがなく、世界4大メジャーのひとつである「全英オープン」も開催されるスコットランドにぜひ行きたい!

という旨の発言をされていましたが、もうスコットラントの地に足を踏み入れたのでしょうか?

また、RED RICEさんはゴルフの魅力について、

ゴルフは男女関係なく、年齢差関係なく、みんながフラットに戦えるっていうのが面白いですよね。
最低でも4~5時間ラウンドを回るので、一緒にいる人と打ち解けるし。”こいつと打ちたくない”と思うこともありますけど、それは自分も思われてるかもしれないですけど(笑)。

と語っておられました。

その気さくな人柄でいろいろな方と楽しくゴルフをして、同じ時間を共にしtが仲間として、多くの方と仲良くなられるRED RICEさんの姿が思い浮かぶような、素晴らしいコメントですね。

https://www.instagram.com/p/B0rVv9QnvtF/?utm_source=ig_web_copy_link

スポンサーリンク



RED RICEのゴルフの凄さとは?

WEB上を情報検索してみると、

・レッドライスのマン振りで驚愕の飛距離が出た!?
・湘南乃風、RED RICEが本間ゴルフのフィッティングで320ヤード超え!?

と、RED RICEさんの「飛ばし」に関する驚きの投稿タイトルが目立ちますが・・・

確かにRED RICEさんは飛びます!ね。笑

驚愕の飛び!ツアープロ並みのRED RICEの飛距離

映像を見る限りは、お世辞抜きでツアープロ並みの飛距離を実現していると思います。

ゴルフ=飛ばし屋

の異名を取ることは、アマチュアゴルファーにとっての夢であることは事実です。

大概のアマチュアゴルファーは、ご自身の飛距離を多く見積もって他人に伝えることが多く、

例えば、

「ドライバーの平均飛距離が230ヤード」

と仰るアマチュアゴルファーがいたとしたら、その平均飛距離は大凡7掛けくらいがその方の飛距離といっても過言ではないくらい、一般のアマチュアゴルファーはご自身の飛距離を盛りがちです。笑

ただ、RED RICEさんの場合は、前述の動画の中でご自身の平均飛距離を聞かれた際に、

「270〜280ヤードくらいかなぁ・・・」

とおっしゃられていましたが、

私はこの発言を聞いて、

「ご自身の飛距離を良くわかっている方だなぁ・・・」

と思いました。

ただし現実的に考えて、平均飛距離280ヤードを実現できる方というのは、日本のツアープロの飛距離とほぼ変わらないということです。

日本のプロゴルファーで、JGOが発表しているドライビングディスタンスを見てみると、
280ヤード台のゴルファーは、38位〜75位にランキングされます。

※2019年国内男子 平均飛距離ランキング

https://news.golfdigest.co.jp/jgto/stats/driving/2019/

2019年のドライビングディスタンス75位の選手は、時松隆光プロですが、立派なツアー優勝経験者です。

そう考えると、いかにアマチュアゴルファーとしてRED RICEさんのドライバー飛距離が凄いかということが言えると思います。

私もゴルフ大好きですが、ドライバーで280ヤードは飛ばせません。

ゴルフの飛ばしは天性の才能。

私はそう思っております。

確かに体格には恵まれているRED RICEさんですが、それだけで簡単に飛ばし屋になれるほどゴルフは甘くありません。

ここにRED RICEさんの天性の凄さが見て取れる。

羨ましい以外の何者でもありませんね。

「得意なクラブはパター」と答えるいぶし銀のRED RICEさん

飛ばしは才能。

世の中のアマチュアゴルファーが、誰でもRED RICEさんのように、ドライバーで300ヤードを飛ばせるわけではありません。

ただし、ゴルフという競技は面白いもので、

「飛ばすだけではスコアは良くならない!」

という側面があります。

そうです。

ゴルフという競技は、

・ドライバーの300ヤード越えも1打
・パターの50cmも1打

その積み重ねがスコアという数字になって現れる競技です。

少しゴルフをカジってくると、多くのアマチュアゴルファーがぶつかる壁は、

「グリーン周りの難しさ」

ショートゲームの良し悪しが、ゴルフのスコアに直結するという事実に愕然とするわけです。

その点においても、RED RICEさんが只者ではない発言をしていたことを私は見逃しませんでした。

それこそ、

「得意クラブ=パター」

と答えていた点です。

得意クラブ→好きなクラブ

と言い換えていましたが、この点は実にRED RICEさんがゴルフという競技の本質を理解しているなぁと感じた点でした。

一般的に考えると、RED RICEさん程の飛距離を誇るアマチュアゴルファーなら、普通に考えれば

好きなクラブ=ドライバー

理由は誰よりも遠くに飛ばしたいから。

というような受け答えになるような気がします。

僕だったら間違いなくそうなりますもん。。。笑

でも、あえて好きなクラブをパターと答えるRED RICEさん。

パターは、一番飛ばさないクラブであり、一方で最も正確性を求められるクラブであるのもパターです。

グリーン上で1mのパットを高い確率で沈められるか否かが、スコアの良し悪しに直結してきます。

入れたい気持ちが強くなりすぎて、アマチュアゴルファーでも「イップス」になってしまう方も沢山知っています。

一方で、グリーンの傾斜、速さなど、複雑な要素を読み切ってカップインしたパッティングの気持ち良さを、RED RICEさんは素晴らしい体験として覚えているのでしょう。

そして、その大切さがスコアに直結することも理解しているのでしょう。

RED RICEさん程の飛距離の持ち主が、得意クラブ=パターと平然と答えたその事実に、RED RICEさんのゴルフ上手っぷりが隠れていたと感じました。

そんな飛距離とゴルフの本質をしっかりと理解しているRED RICEさんの、ますますのご活躍をお祈りしております。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする