オスマン・サンコン キングオブコント(KOC)挑戦表明! 70歳で「お医者さんコン」結成爆笑会見と決めセリフも‼︎

1980年代に流行した

外国人のバラエティタレント化の走りでもある、オスマン・サンコン氏が、

なんとお笑いに挑戦するそうです!

ギニア出身のタレント・オスマン・サンコン氏と、

現役の医師・大竹真一郎氏が、

本日7月3日に、TBSで記者会見を開き、

お笑いコンビ「お医者さんコン」を結成し、

「キングオブコント2019」に初挑戦することを

表明しました。

スポンサーリンク


オスマン・サンコン氏とは

私が幼い頃、バラエティ番組に出演している、

サンコン氏をよく見ていました。

当時、意味不明な日本語で人気を博していた、

オスマン・サンコン氏のプロフィールを見てみましょう。

オスマン・サンコン氏のプロフィール

本名    オスマン・ユーラ・サンコン

生年月日  1949年3月11日(70歳)

出身地   ギニアボッファ

兄弟    22人兄弟の四男。

学歴    国立コナクリ大学卒業後、フランスのソルボンヌ大学に国費留学

職歴    1972年にギニア外務省に入省

同年、日本に開設されたギニア大使館の大使館員として来日。

アメリカ・ワシントンD.C.勤務を経て、

1984年にギニア外務省を休職して再来日。

サンコン氏のテレビ出演の経緯

1984年に、ギニア日本交流協会から

「日本でギニアを広めるため」

との依頼もあって、

当時放送されていたフジテレビ系列の

「笑っていいとも!」のオーディションに出席。

当時のプロデューサー横澤彪氏に認められ、番組出演に至りました。

当初は2か月に1回程度の出演でしたが、

のちに、火曜日のレギュラーとなり、

瞬く間にお茶の間の人気者となりました。

サンコン氏の特徴は?

キャラクター的にはいつも笑顔を絶やさず、

天然ボケ系の発言で視聴者の心を掴みまくりました。

その当時、

同じように、「日本語を喋る外国人タレント」として有名だった、

デーブ・スペクター氏やケント・デリカット氏らとともに、

「変なガイジンタレント」

として爆発的な人気を誇りました。

お決まりのフレーズは、

「1コン2コン・サンコン!」

でした。

覚えている方も多いと思います。

とても懐かしいですね。


スポンサーリンク


サンコン氏 「キングオブコント2019」出場への意気込み

突如「コント芸人」となったサンコン氏ですが、

相方の現役の医師・大竹真一郎氏とともに、やる気十分のようで・・・

「キングオブコント」とはどんなコンテストなのか?

ここで、「キングオブコント」について

まとめておきましょう。

キングオブコントは、

プロ・アマ、芸歴問わず、所属事務所の垣根を越えてエントリーができるコンテストです。

優勝賞金は1000万円。

ネタの披露時間は、

1回戦と2回戦は2分、準々決勝・準決勝・決勝は5分で、

過去の準決勝進出者は1回戦が免除され、2回戦から出場のシード。

過去の決勝進出者は2回戦が免除され、準々決勝から出場できるシードです。

準決勝と決勝は同じ2ネタを披露し、

決勝戦には予選を勝ち抜いた10組が進出します。

決勝戦のファイナルステージ進出は3組で、

2ネタの合計得点で勝敗を競います。

今秋開催予定の決勝は、TBS系列で放送される予定です。

コンビ結成のきっかけは、大竹医師から

突然のコンビ結成の経緯は、

大竹医師からサンコン氏へのアプローチだったようです。

その経緯を大竹医師は、以下のように語っております。

「医者芸人として芸人活動もしていまして、この前「R-1ぐらんぷり」に出て、ゴリゴリの下ネタをやって1回戦で落ちたんです。
そこで、もっとポップなネタをやりたいという時に、サンコンさんと出会って、この人と組んだらいけるわと思って。」

と、

サンコン氏とキングオブコント参戦を決めた経緯を語りました。

サンコン氏は、この大竹医師からの依頼を快く快諾。

今回、「お医者さんコン」結成に至りました。

会見の最後は、サンコン氏お決まりの、

「1コン 2コン サンコン!」

で締めくくっていた模様です。

このところ、

バラエティ番組への出演機会が減っていたサンコン氏は、

既に70歳になられています。

しかし、会見を見る限り、

サンコン氏の明るいキャラと軽快なしゃべり口は健在のようで、

多くの猛者が出場する「キングオブコント」で、

この即席コンビ「お医者さんコン」がどれくらい健闘するのか、

また一つ注目のネタが増えて、とても楽しみになりました。

一体、このコンビはどんなコントを見せてくれるのでしょうか。

全く想像がつきませんね。

皆さんも、秋口に開催・放送予定の

「キングオブコント2019」を楽しみに待ちましょう!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする