明石家さんま 宮迫「囲む会」開催日程はいつ?場所は?ネット上は非難の嵐で復帰絶望

宮迫博之さんの復帰計画が、水面下で着々と進行している模様です。

元々、宮迫さんの全面的なサポートを買って出る発言をしていた明石家さんまさんが、業界人を招いて、「宮迫さんを囲む会」を開催しようとしている模様です。

その報道が、こちらです。

スポンサーリンク


「宮迫さんを囲む会」とは?

「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに、そして白紙に戻った男を囲む会」

何ともさんまさんらしい、笑えるタイトルの会が開催される模様です。
着々と準備が進められており、すでにテレビ局員や芸能、お笑い関係者などに招待状が発送されているらしいのです。

「吉本興業」→「オフィス事務所」

すでに吉本興業の契約を解除されている宮迫さんですが、そんな宮迫さんに対して、早い段階から手を差し伸べていたさんまさんは、自分の事務所である「オフィス事務所」にて宮迫さんを受け入れるという話が進められている模様です。

その際の条件として、さんまさんから語られたのが、さんまさんから宮迫さんに対する

「これからも、人を笑わせたいのか?」

という質問です。

お笑いの根本ともいうべき質問です。

これからお笑いを目指す人、

今後もお笑いの世界で生きていきたいと思っている人、

これらの人たちは当たり前のように、

「笑わせたいです!」

と答える質問も、

今の宮迫さんに対しては、鬼気迫る質問だったと思います。

なぜなら、宮迫さん自体が、今のご自身が置かれている立場をよく理解していると思うからです。

タレントは、後にも先にも「イメージビジネス」です。

宮迫さんは「お笑い芸人」という立場で仕事をしてきた存在ですので、清純派タレントが保たなければならないイメージを保持する必要はありませんが、それでも、これまでの数々のスキャンダルで、ダーティーなイメージが定着してしまっているのは事実です。

今回のさんまさんの質問は、そんな状態に陥っている宮迫さんに対して、
覚悟を問う質問だったのだと考えます。

宮迫さんは、そんなさんまさんからの質問に対して、

「笑わせたいです!」

と、答えたそうです。

即答で答えたそうです。

さんまさんは、そんな宮迫さんを見て、それなら!ということで、本気でサポートする気になったのでしょう。

その結果、開催されることになったのが、前述の、

「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに、そして白紙に戻った男を囲む会」

です。

ここには、さんまさんなりの覚悟も込められているのだと、強く感じます。

スポンサーリンク


宮迫博之のタレント需要はあるのか?

宮迫さんの今後のタレント需要を図る上で、2つの情報を取り上げてみたいと思います。

1.ネット上の宮迫博之評
2.宮迫さんが抜けた後の番組の状況

この2つです。

ネット上の宮迫博之評

ネット上の宮迫さん復帰へのコメントは、決して好意的とは言えません。

宮迫さんの復帰を喜ぶのはさんまさんをはじめとする仲間内だけだとおもいます。真面目なネタをやろうが自虐ネタをやろうが視聴者は笑えない。
個人的には何故そこまでやるのかなって思うけど…かわいい後輩だから手を差しのべるのは分かるけどまずはけじめちゃんとつけないと…
さんまさんには申し訳ないがほとんどの人は彼の復帰を望んでないと思います。それにもう笑えないです。
宮迫はもうテレビで見たくない。
度重なるウソと見苦しい釈明。
彼に魅力を何ら感じることはできない。

コメント欄には、過去の不倫騒動に関する点を不快に感じている旨の投稿も含めて、

宮迫博之必要なし!

という論調が非常に多いのが現実です。

この状況を理解した上であえてテレビ復帰をして、そこから這い上がるには、並大抵の努力では不可能だと思います。

また、テレビ番組を制作する制作陣は、スポンサーと視聴者の両方を見なければならず、少なくともネット上を中心にネガティブなコメントが大半のタレントを起用した番組作りは、スポンサー離れを引き起こすことが容易に想像できますし、視聴率が取れない可能性も高くなります。

このような状況で、宮迫さんを起用する番組のプロデューサーは、果たしているのでしょうか?

そのような方々にも今回の「囲む会」の招待状が届いているのだともいますが、果たしてさんまさんお努力が身を結ぶのか。

とても気になりますね。

宮迫さんが抜けた後の番組の状況

宮迫さんの需要を図る上で、これまで宮迫さんが出演していた番組のその後をウォッチしてみるもの良いとおもます。

その中で、「雨上がり決死隊」の代表的な番組といえば、「アメトーーク!」が上げられるとおもます。

実はその「アメトーーク!」ですが、宮迫さんが謹慎後の放送回で、これまでの視聴率を上回っているという現実があります。

その詳細は、こちらからご覧いただけますが、、、

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191018-00588307-shincho-ent

蛍原さんのMC力が意外にすごかった!という要素と、宮迫さんがいないことで、ひな壇芸人の方々が、のびのびと発言しているというのが、テレビ画面を通じて視聴者に伝わり、視聴率が上がってきているのだと言います。

もちろん、宮迫さんがいる本来の形での「アメトーーク!」も十分に面白い番組内容だったと思いますが、宮迫さんがいないくなり、蛍原さんをはじめとする出演芸人、そして番組制作陣も含めて、危機感を感じてより魅力的な番組作りに励んでいるのでしょう。

宮迫さんが抜けて視聴率が右肩下がりになったら、それころ「アメトーーク!」は番組終了に追い込まれる運命になったのですから。

でも意外にも視聴率も好調で、番組終了どころかますます評判の良い「アメトーーク!」になってきているという現実から、宮迫さんが復帰をする意味合いも薄れてしまうということです。

このような2つの側面から見ても、宮迫さんのテレビへの復帰は、極めて厳しいと言わざるを得ません。

テレビの視聴者、そして世の中は、宮迫さんの禊はまだ終わっていない!テレビ復帰の前にまだまだやることがたくさんあるだろう!と思っているのではないでしょうか。

肝心の開催日はいつ?

どうやら、開催日は

11月21日(木)

となっている模様です。

場所は

東京都内

という情報はありますが、それ以上の詳しい情報はありません。

前述の通り、すでに業界関係者に対する招待状が出されているということを考えると、こじんまりとした場所ではなく、それなりの人数が入れる大きめのお店ということになるのでしょう。

どんな場所で開催されるのかは、情報をキャッチし次第こちらのブログでも紹介していきたいと思います。

今後も、宮迫さんとともに、明石家さんまさんの動きにも、注視していきたいと思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする