佐々木紀 twitter不適切発言で炎上?wikiプロフィール

こんにちは。TAKAです。

国内のコロナウィルス感染者が日に日に増えています。

東京都の感染者数は、本日4月5日には新たに130人以上が感染していることがわかり、1日の感染者数としては最多を更新してしまいました。

これで、東京都で1000人以上が感染したことになる、由々しき事態です。

一方、国土交通省の大臣政務官である佐々木紀(ささきはじめ)氏のツイッターの投稿が、国民感情を逆撫でするということで、波紋を広げているようです。

一体、どのようなツイートだったのでしょうか?

スポンサーリンク


佐々木紀(ささきはじめ)氏のwikiプロフィール

さて、月並みですが、佐々木紀氏のプロフィールを見てみましょう。

生年月日  1974年10月18日(45歳)
出身地   石川県能美郡根上町(現・能美市)
出身校   東北大学法学部
前職    会社役員 日本青年会議所石川ブロック協議会会長
現職    衆議院議員
国土交通大臣政務官
自由民主党石川県第2選挙区支部長
所属政党  自由民主党(細田派)
選挙区   石川2区
当選回数  3回
在任期間  2012年12月18日〜現職

在任期間が既に8年になり、3期連続当選を果たしていますので、安定的な指示を集めている議員と言えますね。

ちなみに、元読売巨人軍〜ヤンキースで活躍した松井秀喜さんとは、中学の同級生だそうです。

この情報が一番インパクトがありました。笑

確かに松井選手も石川県出身でしたね。

スポンサーリンク


炎上必至のツイートとは?

現在は修正されているようですが、元々のオリジナルは、

国は自粛要請しています。感染拡大を国のせいにしないでくださいね😭
https://t.co/wAXJeGcroS
— 佐々木紀(ささきはじめ) (@hajime24331) April 4, 2020

だったそうです。

それが今現在は、

となっております。

またご本人も謝罪のコメントを残しているようです。

一体、

国土交通省の大臣政務官という責任ある立場で、何を発信したかったのでしょうか?

今感染が拡大してしまっている現状は、国の責任は全く無いとでも言いたいのでしょうか?

もちろん、国民一人一人の意識レベルにはバラつきがあり、責められても致し方がない程危機意識が低い人たちがいるのも確かです。

ただし、

政府は感染の拡大を少しでも抑えたいのであれば、低い意識レベルの国民もいることを想定した対策をするべきではなかったのでしょうか?

諸外国と比べても、決して対応が早いとは言い切れない日本政府の対応を棚に上げて、この発言は如何なものか?と多くの国民が感じても致し方が無いと考えます。

このような、俯瞰で物事を見ることができてい無いと感じられるようなツイートをしてしまうような政府・議員を選んでしまったのは、我々有権者の責任かもしれません。

ただし、このツイートによって、政府はコロナウィルスで本当に大変な想いをしている国民に寄り添うことなど、絶対に無理だと感じてしまったのは私だけでしょうか。

この大変な時期に、このようなツイートをヌケヌケと投稿する政務官がいるというだけで、政府への信頼感はゼロですよね。

佐々木紀政務官に対しては今後、とてつもなく厳しい目が向けられるでしょうし、現在ツイッターに上がっている

「補償とセット」

「しっかり取り組む」

というコメントを受けて、どのような施策を打ち出し実行していくのか、私もじっくりと見ていきたいと思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする