アンシネ LPGAプロテスト合格!勝因はビール 気分転換も祝杯も一番搾り

11月8日(金)、LPGA最終プロテスト最終日が、岡山県笠岡市にある「JFE瀬戸内海GC」で開催され、韓国のセクシークイーンことアン・シネ選手が、見事プロテストに合格しました。

スポンサーリンク


プロテストの成績は15位で合格!

初挑戦のLPGAのプロテストは、20位タイまでが合格ですが、アンシネ選手は見事15位で合格しました。


https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/golf/news/CK2019110802100063.htmlより引用

最終日は、20位タイの合格ラインに対し1打差でスタート。

強風が吹き荒れて、コンディション的にはとても厳しい状況の中、アンシネ選手は耐えに耐えて、3バーディ3ボギーの72でホールアウト。

他の選手がスコアを崩す中、我慢のゴルフを展開したことが実を結び、見事15位でプロテスト合格ラインに滑り込みました。

ズボン姿でのプレーには訳が!

いつもはミニスカート姿でのプレーが多いアンシネ選手ですが、プロテスト最終日はパンツ姿でのプレーでした。

その理由は、母国韓国からのバッシングコメントだったと言います。

アンシネ選手が、最終日のプレーにスカートを履く旨のコメントをしたところ、

「プレーに集中しろ!」

というようなコメントが相次いだと言います。

ただ逆に、この日はパンツ姿でプレーすることで、ウェアではなく結果で目立つことができたアンシネ選手。来年の2020シーズンは晴れて、プロとしてプレーすることになります。

プロゴルファーアンシネとしては、結果オーライだったと言えるのでは無いでしょうか。

スポンサーリンク


最終日前日の気分転換も、合格後の祝杯も「一番搾り」!

結果的にプロテストに合格したアンシネ選手ですが、実は3日目に厳しい立場に立たされていました。

3日目のスコアは77を叩き、前日の首位から一気に17位に後退してしまったのです。

年1回しか実施され無いプロテストですから、今年失敗したら受験できるのはまた来年。そのため、参加している各選手には、想像を絶するプレッシャーがかかっているのも事実です。

その大切な3日目に大叩きをしてしまったアンシネ選手は、宿舎に戻る車の中で号泣したと言います。

ただし、今回のアンシネ選手は強かった!

これまでのシーズン中は、一度流れが悪くなると、ズルズルとスコアを落としてしまう傾向が強かったアンシネ選手ですが、

「悔しさ、悲しさ、怒りがこみ上げた。でも私自身が弱くなってはダメだと思った」

と、気持ちを強く保ち、最終日に望むことを誓ったそうです。

そして、アンシネ選手が気分転換に実行したのが、

禁断のアルコール摂取!(笑)

キリンの一番搾り350ml一缶を飲み、とても気分が晴れたそうです。

そして、最終日は強風の中、72のパープレーでまとめて見事プロテスト合格!

その後のアンシネ選手のコメントが秀逸でした。

「気分も良くなった。大きいの(500ml)にするか、小さいのにするか迷ったんですけどね」

そして、無事プロテストに合格した祝杯として

「今日は大きいのを、飲みます」

と、笑っていました。

こんな茶目っ気あるコメントを残すアンシネ選手は、来年のシーズンで、益々人気が出そうですね。

こんな注目度の高いコメントをしてくれたアンシネ選手に、キリンビールさんはスポンサードしてあげてはいかがでしょうか。

来年は、プロゴルファーとして、広告媒体として、アンシネ選手の存在が益々大きくなりそうですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする