コロナ感染拡大に歯止め!台湾のEマスクの凄さとは?日本導入は可能?

こんにちは。TAKAです。

遂に、日本全国に緊急事態宣言が発出される状況になってしまいました。

私の住む愛知県は、大村知事が愛知県独自の緊急事態宣言を出しておりましたが、4月末~5月にかけての大型連休で人の動きを制限するために、全国一律に緊急事態宣言を出した模様です。

東京を中心に、連日コロナウィルス感染者数の増加が後を絶ちません。

ドラッグストアやコンビニの店頭では、相変わらず「マスク売り切れ」の状況を続いています。

政府から

「各家庭にマスク2枚配布」(=アベノマスク)

の配布が始まったようですが、それだけでは、ほとんど焼け石に水状態。

日本の新型コロナウィルス感染の封じ込めは、本当にうまくいくのか?と疑心暗鬼になってしまいますよね。

一方で、日本の隣国で、同じ島国の台湾ですが、4月14日(火)に36日ぶりにコロナウィルス感染者が0人だったようです。

そして、台湾で実施されている「Eマスクシステム」が、台湾国内でのマスク需要を守り、感染者数の拡大を抑えることに、一役買っているようなのです。

それでは一体、この「Eマスク」というシステムは、どのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク


台湾の「Eマスクシステム」とは?

日本国内のマスク売り切れ続出状態と比較すれば、台湾の「Eマスク」は画期的な仕組みに思えます。

簡単にまとめると、

国内のマスク生産状態を把握・管理し、消費者はインターネット上からマスクを購入予約し、スーパーやコンビニの店頭でマスクを受け取る

という仕組みです。

予約の仕方は?

ネットで予約してから・・・と知ると、

面倒くさい登録などが必要なんじゃないの・・・?

と感じる方もいらっしゃると思いますが、意外にそうでもなさそうです。

購入までに必要な事は、

・専用のアプリから、名前、電話番号、身分証明証番号等を入力して、欲しい枚数を予約。

・支払い方法はインターネットバンクやクレジットカード、銀行振り込みなどから選べる

・受取は、家の近くのスーパー等を選び、店頭で受け取る。

たったこれだけなのです。

ちなみに、購入できる枚数は、14日間で9枚までとなっており、保険証のicチップで管理しているので、大量購入等もできないようです。

また、価格も9枚で約200円ととても良心的です。

このような施策を導入したことで、台湾国民に安定的にマスクが行き渡る仕組みを実現出来ているのです。

生産管理も画期的!

台湾でも、新型コロナウィルスが発生してから1月中下旬には、マスク買い占め等のマスク騒動が起こりましたが、ここから政府の動きが速かったようです。

台湾政府は、マスク騒動が起きてすぐ「マスク国家チーム」を結成し、すべてのマスク工場を政府が管理し、購入制限を抑えつつ、生産能力向上を図った結果、約1か月半で生産能力が13倍にもなり、その後台湾国内にマスクを安定供給できるようになったそうです。

また、ITの技術を駆使し、全国の販売店のマスク在庫数をリアルタイムで把握できるアプリを開発しました。

ここまでのマスク管理インフラを短期間で整えた台湾政府の成果として、世界的に見ても、新型コロナウイルス感染拡大を上手くコントロールできている国の代表となっています。

政党支持率向上も!

このような、マスク安定供給の仕組みを作り上げた台湾国内では、

・一国民がマスクを大量購入して、他の国民に行きわたらないという状況がなくなった。

・特定の国民がマスクを買い占めたりすることがないので、医療機関へも安定的にマスクの供給が出来る。

というメリットがあり、結果、政党支持率が大きく向上しているとのことです。

スポンサーリンク


日本でも「Eマスク」の導入は可能か?

私の予想では、実現は難しいと言わざるを得ません。

物理的には可能です。

但し、現在生産~物流~販売とそれぞれで管理されている情報を、一元管理できるような仕組みを構築する必要があると思います。

そのために、仕組みの開発のための、時間とお金が必要になります。

安倍政権は、逼迫する国内のマスク市場に対し、各家庭に布マスク2枚を配布する施策を実行に移しました。

そのお金を、台湾の「Eマスク」システムのような仕組み開発に充てれば、同じような仕組みを構築することはできたはずです。

でも安部政権は、現物支給という判断を下しました。

どちらが、先を見据えたうえで効果的な施策かと考えれば、言わずもがなだと思います。

現金給付に関しても、二転三転している日本の安倍政権。

こんなことでは、コロナウィルスの封じ込めなどは夢のまた夢だと感じてしまうのは私だけでしょうか。

演説だけは立派ですが、諸外国と比較して日本のコロナウィルス対策が万全なのかそうではないのか、日本政府には良く考えて頂きたいと思えるほど、台湾の「Eマスクシステム」が素晴らしいものだと感じてしまいました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする