楽しんご ほえる!逆ギレ「闇営業みんなやってる!」発言で更なるスキャンダル!

「ラブ注入」のギャグでおなじみの楽しんごさんが、

事務所を通さない「闇営業」が原因で

吉本興業から契約解消されていたとの投稿をさせていただきましたが、

楽しんごも闇営業で解雇!? あわや刑事事件の恫喝で本性が露わに!

なんと、その楽しんごさんが、

強烈な反論投稿を自身のSNSに投稿している模様です。

スポンサーリンク


「あわや刑事事件の恫喝」の真相を、本人が語る!

楽しんごさんは、自身のツイッターに、

今回の恫喝報道に対する反論を展開しました。

その内容は、闇営業の仕事が、

営業先の会社の都合により取りやめになった件ですが、

本人がキャンセル料を請求してトラブルになったと報道された件で、

「最初から吉本所属って!分かってんなら僕じゃなく吉本に連絡するのが筋だろーが!そっちからオファーしといてキャンセル?営業補償請求当たり前だろーが馬鹿!」
「僕の日にち抑えておいて!何故か社長さんから社内のLINEにたらい回しにされてキャンセル? マジ!この会社有り得ないと思いました。」

と、怒りをぶちまける投稿をしました。

楽しんごさんの投稿内容を見れば、

確かに「酷い仕打ちを受けたことに対する正当な権利の主張」

という事になるのでしょうが・・・、

冷静な視点で考えれば、

直取引が「闇営業」にあたることは、

楽しんごさんもわかっていた事と思いますので、

直接話があった段階で、所属事務所の吉本興業に話を振っておき、

スケジュール調整等のやりとりを任せておけば

良かったのではないかと思わずにはいられません。

事務所に中間マージンをハネられる事を嫌っての

「闇営業」だったのかもしれませんが、

今回のようなトラブルに発展してしまった場合は、

色々な言い分はあろうとも、

穏便な対応をしていく必要があったのではないかと感じます。

スポンサーリンク


「闇営業」横行の現実!?

楽しんごさんは、

自身のインスタグラムのストーリーズに、

「闇営業なんてみんなやってるわ!」

との、ヤケクソとも思えるような投稿をしています。

カラテカ入江さんの「闇営業」問題で、

反社会的勢力の忘年会に出席した、

同じく吉本興業所属の、宮迫博之さんや、ロンブーの田村亮さんが、

必死の思いで、

「闇営業だったという認識は無かった!」
「金銭の授受は無かった!」

と弁明されています。

このような状況に対して、

この楽しんごさんの発言は、業界への不信感が増幅する形となり、

芸能界に対する「闇営業」への視線が

より厳しくなっていく事が予想されます。

果たして、

今後も「闇営業」絡みのスキャンダルが噴出してくるのか!?

当分目が離せない問題になってきました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする