テレ朝亀山社長 「アメトーーク!」「ロンハー」継続を宣言! 吉本との蜜月関係の賜物か!?

本日、テレビ朝日の亀山社長が、定例社長会見を開き、

反社会的勢力主催の忘年会に出席し、金銭を受け取って謹慎中の、

雨がり決死隊宮迫氏と、ロンブー田村亮氏がMCを務める

2番組について、コメント。

「アメトーーク!」と「ロンドンハーツ」の2番組は、

今後も継続する意向であることを明言されました。

スポンサーリンク


番組名の変更は無く、継続を明言したテレビ朝日亀山社長

亀山社長は今回の吉本芸人の謹慎に関するコメントとして、

「番組を応援している方にご心配かけ申し訳ないと思います。」

と謝罪しました。

その後、各番組について

「現状では打ち切りは考えていません。慎重に推移を見守っていきたい。」

とコメントを残しました。

亀山伸社長の経歴

亀山慶二(かめやま けいじ)氏は、

6月27日付でテレビ朝日代表取締役社長に就任されました。

過去に、

「編成制作局長」、「コンテンツビジネス局長」を歴任。

常務取締役時代は、営業局担当役員をされていたということで、

テレビ局の、「番組編成」―「番組制作」-「営業」を

しっかりと理解された方という事で、

今回の判断は、

それなりの勝算があっての上での判断だと思われいます。

「アメトーーク!」「ロンドンハーツ」の今後は?

また、編成担当の西新取締役が、

「アメトーーク!」に関して「今のところ番組タイトルの変更などは考えていない」

とコメントし、

MCに関しても

「蛍原さんで考えているが、MC側にゲストに入ってもらうことも考えている。」

と、意味深なコメントを残されました。

また、「ロンドンハーツ」に関してはMCについて

「(田村)淳さんに努めていただくことで収録に入ります。」

とコメントを発表しております。

2番組とも、MCが一人になる可能性がありますが、

それでも番組フォーマットを大きく変えず、

もちろん番組タイトルも変えずに継続を明言したという事は、

テレビ朝日側にそれなりの勝算があっての事だと思います。

もちろん、宮迫ファン、田村亮ファンにとっては、

彼らのいない状態の番組を見る事になる場合、

一抹の寂しさを感じるのは致し方が無く、

逆に、彼らの1日も早い復帰を心待ちにしながら、

各番組を視聴者として応援していく事が求められると思います。

スポンサーリンク


吉本にコンプラの徹底求めるも、裏にあるのは吉本との蜜月関係か!?

テレビ朝日側は、

今回反社会手勢力との不祥事を起こした、

宮迫、田村亮が所属する吉本興業に対して

「反社会的勢力との接触はあってはならないこと。コンプライアンスの徹底を求めている。」

と話しています。

ただ一方で、

吉本興業所属の芸人たちと共に、

これだけの人気番組を作り上げてきたのも事実です。

そこには、テレ朝と吉本興業との

強い絆があってしかるべきだとも考えます。

「アメトーーク!」は新しいバラエティ番組のフォーマットを作り上げた!

「アメトーーク!」は、

「MC」+「ひな壇芸人」で、一つのテーマに対してトークで笑わせる!

という、

これまでのバラエティ番組とは一線を画した、

新しいバラエティ番組のフォーマットを産み出し、

多くの視聴者を虜にしてきたのは事実です。

裏にあるのは、テレ朝と吉本との強い関係

その裏には、

テレビ朝日の制作陣と、吉本興業との

強い関係が存在していたのは間違いなく、

この関係を簡単には

捨てられなかったという事実もあると思います。

もちろん、今回のスキャンダルで、

一気の吉本芸人が10名以上も反社会的勢力との関係が明るみに出て、

謹慎処分にせざるを得なかったのは、

吉本としては矢面に立たされても仕方がない事です。

一方で、宮迫氏、田村亮氏をはじめ、

芸人たち一人一人の自覚が欠如していたのも事実だと思ます。

ただ幸いなことに、

引き続き2番組のMCを務める、蛍原さんと田村淳さんは、

吉本芸人の中でもクリーンなイメージを保っている2人です。

彼らの頑張りによって、

人気の2番組が守られるのであれば、

私は、その事実を応援したいですし、

これからも、もっともっと、

お茶の間を楽しませる番組を

放送していってほしいと切に願います。

その上で、

今回のテレビ朝日の決断が吉と出るのか凶と出るのか・・・。

まずは7月~9月の3か月間が勝負です。

私も出来る限り、オンエアを見続けたいと思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする