チュート徳井 社会保険未加入が発覚!罰則は?社会的制裁は確定的!!

東京国税局に、過去3年の所得額約1億2000万円の申告漏れを指摘された、お笑いコンビ チュートリアル徳井義実氏が、申告漏れだけではなく、社会保険への未加入出あることが発覚!

本日26日に所属先である、吉本興業のホームページにて、一連の申告漏れの具体的な内容とともに、発表されました。

スポンサーリンク


社会保険に未加入だったことが発覚!

納税はもちろんですが、社会保険への加入は選択ではなく、法律で定められた国民の義務です。

しかし徳井氏は、2009年に設立した会社「株式会社チューリップ」設立当初から、社会保険への加入手続きをしておらず、未加入の状態が続いていた模様です。

吉本興業のホームページ上の記載は以下の通りです。

3. その他
チューリップ社及び徳井個人の社会保険料の納付状況ですが、2009年の法人設立時に社会保険の加入手続きをしていない状況が続いておりました。速やかに加入手続きをいたします。

http://www.yoshimoto.co.jp/corp/sp/news/media/media191026_2.htmlより引用

社会保険に加入しなければならない条件とは?

前述の通り、社会保険への加入は、社会保険法により定められた国民の義務です。

社会保険に加入しなければならない条件は、

・法人会社
・従業員が5人以上の個人事業所(一部の業種を除く)

の条件にあてはまる場合ですが、

徳井氏の場合は、「株式会社チューリップ」が法人会社に該当するため、社会保険への加入は必須です。

徳井氏は、前述の吉本興業のリリースによると、「株式会社チューリップ」設立当初から、社会保険への加入手続きをしておらず、社会保険料の納入をしていない状態が続いていました。

これは由々しき事態です。

法律で決められたことを守ってこなかった徳井氏には、罰則が与えられる可能性がありますが、一体どのような罰則なのでしょうか?

社会保険未加入の場合の罰則は?

前述の2つの条件に該当する事業所の労働者が、社会保険に未加入だった場合は、それに応じた罰則が与えられると法律で定められています。

その詳細は、「健康保険法第208条」に下記のように記されています。

事業主が、正当な理由がなくて次の各号のいずれかに該当するときは、六月以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

一  第四十八条(第百六十八条第二項において準用する場合を含む。)の規定に違反して、届出をせず、又は虚偽の届出をしたとき。

二  第四十九条第二項(第五十条第二項において準用する場合を含む。)の規定に違反して、通知をしないとき。

三  第百六十一条第二項又は第百六十九条第七項の規定に違反して、督促状に指定する期限までに保険料を納付しないとき。

四  第百六十九条第二項の規定に違反して、保険料を納付せず、又は第百七十一条第一項の規定に違反して、帳簿を備え付けず、若しくは同項若しくは同条第二項の規定に違反して、報告せず、若しくは虚偽の報告をしたとき。

五  第百九十八条第一項の規定による文書その他の物件の提出若しくは提示をせず、又は同項の規定による当該職員の質問に対して、答弁せず、若しくは虚偽の答弁をし、若しくは同項の規定による検査を拒み、妨げ、若しくは忌避したとき。

※出典元https://ja.wikibooks.org/wiki/%E5%81%A5%E5%BA%B7%E4%BF%9D%E9%99%BA%E6%B3%95%E7%AC%AC208%E6%9D%A1

このように、懲役刑または罰金刑に該当する可能性があります。

また、社会保険未加入の場合、過去2年間を遡り、社会保険料を会社と労働者が折半で支払わなければならなくなりますので、この点から見ても、未加入のまま放っておくことは、とても大きなリスクになります。

繰り返しますが、納税とともに社会保険に加入し、社会保険料を収めることは、法律にて決められた国民の義務です。

それを怠った徳井氏は、大きな社会的信用を失うことになったと言えましょう。

スポンサーリンク


芸能活動自粛に追い込まれた徳井氏

本日付けの吉本興業のリリースで、徳井氏の当面の芸能活動自粛が発表されました。

弊社所属のチュートリアル 徳井義実(とくいよしみ/44歳)につきまして、以下のとおり、報告いたします。

徳井義実は、先日10月23日(水)に実施した会見において、国民の義務である納税義務を軽視し、手続きを怠ってしまったことを謝罪させていただきました。徳井義実は、こうした自身の行動を深く反省した結果、本日をもって、当面の間、活動を自粛することといたしました。

以下、徳井義実のコメントとなります。ご査収の程、お願いいたします。

「この度は、私の税金に関する問題において、世間の皆様、関係者の皆様に大変なご迷惑をかけ、不信感を与えてしまい、誠に申し訳ございませんでした。
私自身深く反省し、当面の間、芸能活動を自粛させていただくことになりました。
これからは、あらためて納税に対する意識、仕事のこと、自分自身のこと、しっかりと見つめ直していきたいと思っております。
本当に申し訳ございませんでした。

チュートリアル 徳井義実

※出典元http://www.yoshimoto.co.jp/corp/sp/news/media/media191026_1.html

これまで徳井氏が20年以上かけて築いてきた、イメージや地位、立場について、今回の件により一瞬で失い、芸能活動自粛に追い込まれることになりました。

ただ、過去3年間の無申告、社会保険への未加入、吉本興業の発表によれば、会社設立後期日内に正確に申告を行った年は無いに等しいと言わざるを得ず、悪意ある所得隠し、さらには脱税を疑われても致し方が無いような状況であったと言えます。

このような状況の中で、イメージが命のタレントが芸能活動をすることは、世の中が許してくれ無いでしょう。

芸能活動自粛は、致し方が無いと思います。

今後の徳井氏がどのような形になるのかは想像がつきません。

このまま芸能界引退の可能性も大いにありえると思います。

絶大なる人気を誇るお笑い芸人がこのような形で芸能界を去ることになってしまったら、とても残念ですが、今年はトラブル続きの吉本興業の動きとともに、今後の徳井氏に関する情報について、注視していきたいと思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする