フェルスタッペン ホンダロゴを指差した感動秘話! レッドブルホンダであと何勝出来る!?

皆さまも記憶に新しいと思いますが、

遂にホンダF1がやりましたね。

6月30日に行われた、

2019年のF1第9戦オーストリアグランプリ(レッドブルリンク)で、

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが、

今シーズン初優勝を飾りました。

この優勝は、ホンダF1にとって、

2006年のハンガリーグランプリでジェンソン・バトンが優勝して以来、

13年ぶりの優勝となりました。

スポンサーリンク


待ちに待った優勝で、フェルスタッペンからの粋な計らい

まずこちらの画像を見てください。


※ESPN F1 より引用 http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/image/255109.html

こちらの画像は、

フェルスタッペンが表彰台に上がった際に、

日本を感動の渦に巻き込んだ仕草でした。

フェルスタッペンからホンダへの最大限の敬意の表れ

マックス・フェルスタッペンは、

シーズン前から今シーズンに関して、

「ホンダと進めていくプロジェクトに期待している!」

という発言をしていました。

そして、

レッドブルの地元で、フロントロースタートながら、

スタートで一旦8位まで順位を落とすも、見事逆転優勝。

表彰台でフェルスタッペンは、

自身のレーシングスーツに縫われたホンダロゴを指差し、

ホンダに対する最大限の敬意を示しました。

2015年にF1に復帰して、

しばらく苦労してきたホンダに対して、

色々な想いもあったのでしょう。

そして、

自身の渾身のドライブで優勝に導いた

レッドブルホンダのマシンを、

とても誇りに思える瞬間だったのでしょう。

本気で優勝を狙っていたホンダ陣営

今回レースにおいて、

ホンダ陣営は本気で優勝を狙っていたようです。

それは、

今回の開催サーキットが、

レッドブルの地元サーキットであること。

そして、

それに合わせて、

レッドブルレーシングがフロントウィングを中心に

アップデートを持ち込んでいたこと。

もちろんホンダのスペック3エンジンも、

進化していました。

その辺りを加味して、

実はホンダの山本マネージングディレクター(MD)は、

レースウィークの金曜日の段階で、

「大丈夫。今週、勝つから」

と、ある日本のジャーナリストに話していたとか。

ただし、山本MDであっても、

今回のフェルスタッペンが見せた、ドラマチック且つ力強いレースを

予想は出来なかったのではないでしょうか。

それくらい、

今回のフェルスタッペンは強く、

感動を与えてくれるレースをしました。

スポンサーリンク


レッドブルホンダは、あと何勝出来る?

今回のレースは、

メルセデスとフェラーリを抜き去っての優勝でしたが、

現状どのサーキットでも

レッドブルホンダが最速のマシンかと言えば、

必ずしもそうではありません。

レッドブルホンダに対してメルセデスとフェラーリの強みは?

レッドブルホンダのアップデートにより、

マシンのポテンシャルが上がっているのは事実ですが、

またまだメルセデスとフェラーリに対して、

確実にポテンシャルが上とは言えない状況です。

メルセデスは依然として、

もっとも強いダウンフォースを発生するシャシーと、

信頼性抜群のパワーユニットを持っています。

そして何より、

2019年のピレリタイヤを最も理解できている

チームであると言えましょう。

また、フェラーリには、

圧倒的な最高速を誇るマシンがあります。

この辺りは、

まだまだ列レッドブルホンダにとっては

越えなければならない壁であり、

今回のレースも、

フェルスタッペンがドライブしていたから優勝できた・・・

という側面もあると思います。

それくらい、

現在のフェルスタッペンのドライバーとしての実力は、

高い位置にあると思って良いでしょう。

レッドブルホンダが勝てるレースは、熱さと標高の高いサーキット?

今後、レッドブルホンダが勝つ可能性のあるレースは、

以下の2つの要素が絡み合うサーキットで

可能性が高いと言われています。

それは、

「暑いレース」

「標高の高いサーキット」

の2つの要素です。

今回のレッドブルリンクは、

上記の2つの要素を併せ持つサーキットであり、

これまで開幕8連勝を遂げていたメルセデスは、

オーバーヒート対策が出来きらずに、

全力で走り続ける事が出来ませんでした。

一方で、シャシー性能は、

開幕からの度重なるアップデートにより、

レッドブルのシャシーは、

フェラーリのシャシーよりもダウンフォースが

出ている状況にあるようです。

ココから先もまだまだ、

ニューウェイがアップデートの手を緩めない限り、

どんどんレッドブルのシャシーが

良くなっていくと思われます。

そうすると、

今後のレースで、レッドブルホンダが勝てる可能性が高いのが、

・ドイツグランプリ

・ハンガリーグランプリ

・メキシコグランプリ

です。

この3レースを

フェルスタッペンが勝ちきることが出来れば、

レッドブルとして、昨年挙げた勝利数の4勝に並びます。

そして願わくば、

ホンダの地元「鈴鹿サーキット」での優勝を期待したいです。

そうすれば、

開幕当初レッドブルのモータースポーツアドバイザー、

ヘルムート・マルコ氏が掲げた、

年間5勝を達成できるのです。

とにかく、今回の優勝で、

ホンダとしてもレッドブルレーシングとしても、

圧し掛かっていた肩の荷が降りたと思います。

今後のレースでは、

益々レッドブルホンダに期待したいですし、

今年勝ち癖をつけておいて、

来年はいよいよ

マックス・フェルスタッペンが史上最年少チャンピオンを

本気で目指す年になってほしいなぁと、

密かに期待しています。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする