新型コロナ 和牛消費の商品券発行? 自民党の選挙戦へのアピールか?

「和牛専用の商品券」があったら、皆さんは使いたいと思いますか?

こんにちは。TAKAです。

新型コロナウィルスの蔓延で、経済状況が停滞する中、とんでもない経済対策案が明るみに出てきました!

それは、自民党が検討している、農業分野への経済対策として、

和牛消費に向けた商品券の発行

を検討しているというのです。

スポンサーリンク


この状況で「需要が低迷する和牛の消費喚起」を検討する自民党のレベルの低さ

需要が低迷する和牛の消費喚起

と言ったら聞こえが良いでしょうか。

このところは特に、新型コロナウィルスの蔓延で、インバウンド需要が激減する中で、需要が超低迷する和牛の消費喚起の必要があると考えたようです。

自民党内での構想によれば、

・スーパーなどで使える商品券を国が発行。
・使用用途は、和牛など国産牛肉に限定。
・商品券の額面の検討は、今後詰める。
・配布対象者は、今後詰める。

という、不確定要素が満載ですが、自民党内の農林関係の会議内でとりまとめ、3月26日に取り決められる予定とされる、農林分野の経済対策案に盛り込まれる予定だそうです。

正直、今のこのご時世で、特定の分野に対する経済対策を優先検討する状況なのか?と感じてしまいます。

なぜなら、現在の経済状況の落ち込みは、新型コロナウィルスの蔓延による、経済活動に対する抑止力が働いているからですよね。

大規模イベントの中止・延期

テーマパーク休園

学校の休校

外出禁止の要請

言い出したらキリがないですし、一番辛い気持ちになっているのは、一般的な生活者の皆さんだと思うのです。

自民党内でも、和牛に限定した商品券発行については賛否が分かれているもようです。

確かに、日本国内の大切な畜産農家に対して、急激な需要の落ち込みによる「廃業」がチラつけば、その分野に対する対策を立てることは政府として当たり前の話ではありますが、国民感情からすれば、

それより先に検討することがあるでしょう!

と感じるのが普通だと思います。

このあたりの国民感情と政府とのズレが解消されることはあるのでしょうか?

政権与党である自民党が、国民感情に寄り添うことが出来なければ、日本の明るい未来なんて期待できない・・・

素人ながら、そう感じずにはいられません。

スポンサーリンク


利権ではなく今こそ日本国民のための施策優先を!

ある経済記者のコメントですが、

「国民生活全体をみてどうしようかという視点ではなく、選挙などでアピールできる目玉は何かという視点だから意味不明な対策が出てくる。牛肉に関しては2018年12月末のTPP発効後、明らかに輸入肉の消費が増えており、和牛は苦戦を強いられている。自民党としては『和牛を守るために頑張りましたよ』と言いたいのでしょう」

これが現在の自民党の実態だと考えると、本当に悲しくなってきますよね・・・。

自分たちの「利権」の確保しか考えていない感がありありだと、本当に何のための政治家なのか、改めて疑心暗鬼になってしまいます。

有事の時に、自分たちの生活を守ってくれるのは一体誰なのか?

自分たちが必死に働いて納めた税金の使い道として、本当に有効活用されているのか?

そう感じてない国民が大勢いるからこそ、ネット上を中心に、批判の嵐=大炎上となってしまうわけです。

そのWEB上のコメントの一部をどうぞ。

各国とも主に現金給付によって新型コロナウイルスによる経済打撃への対策が図られているなかで、日本の政権与党が打ち出した対策は

「和牛」

もはや正気の沙汰とは思えません。

この緊急事態においても、自分の利害に関わる利権誘導を第一に考える政治家集団が、この国の「与党」であるわけです。

こうした集団に権力を与えていることの意味を、日本の有権者はこれからたっぷり味わうことになるでしょう。

ちょっと待て。生活が最優先だろうが!和牛を販促したいのはわかるが、日々の生活費や家賃に困っている人が多い中肉の種類にこだわっている余裕などない。商品券って…目も当てられない。
JA職員です
農政畑政治家および農業団体等、農業関係者の資質が問われるような恥ずかしい要求はやめてほしい、国難ですよ。消費減税が一番なのはわかっているくせに。忖度横行業界
この期に及んで、利権優先ですか‥。
つくづく、現政権には失望しました。
これまで、他にないからと自民に投票していた自分が、情けない。
国民の生活を最優先にできない、後手後手の対応。
欧州諸国に比べ、呆れるほどのスピード感のなさ。
次の選挙は絶対に、自民には投票しません。
愚策です。
少なくとも今やるべきことではなく優先順位が間違っています。そもそも商品券って、1万円分の和牛用商品券を数千円で売って差額を税金で補助ということ。
安く買えるからと言っても、和牛を積極的に購入しようとする人は経済的に余裕がある人でしょう。「コロナ不況」でいま経済的に苦しくなっていくだろう人は間違いなく買いません。しかも購入できる人はそれで実質浮いたお金を貯蓄にまわすんじゃないですかね。
あらゆる面で愚策です。

これが国民感情というものですよね。

とにかく今国民全体が望んでいることは何か?
そのための施策として、よりよいものは何か?

じっくり考えている時間もありません。
とにかく政府には、早急に現状の困窮状態を少しでも脱することが出来る施策の打ち出し・実行を、望まずにはいられません。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする