「闇営業」騒動渦中の宮迫博之 圧倒的にバッシングが多い理由は、反社会的勢力会長夫人との関連性にあった!?

闇営業騒動の渦中で、バッティングの嵐にあっている、

雨上がり決死隊の宮迫博之氏。

「闇営業」主犯のカラテカ入江氏、ロンブーの田村亮氏などを差し置いて、

何故宮迫氏だけがこれほどのバッシングを受けるのか。

広告業界20年以上の経験を元に、その構造をひも解いてみようと思います。

宮迫にも闇営業問題が! ノーギャラ釈明もオフホワイトではなくブラック確定!

スポンサーリンク


反社会的勢力忘年会で、吉本芸人最年長且つ、最も目立ち輝いた男が宮迫氏

宮迫氏は、カラテカ入江氏の仲介で参加した、振り込め詐欺集団の忘年会で、

以下の点で参加した吉本芸人の中でも最も目立っていました。

参加した吉本芸人の中で、最年長だった!

他の吉本芸人で、宮迫氏の他に参加が確認されているのは、

ロンドンブーツ1号2号の田村亮

レイザーラモンHG

ガリットチュウの福島善成

ほか無名の芸人2~3名

とされています。

この中で、ロンブーの田村亮氏も知名度は高いですが、

最年長且つ知名度の高いのは、宮迫氏と言っても過言ではありません。

その最年長で最も知名度の高い宮迫氏が、最も目立つ立場にあったわけです。

カラオケ熱唱+反社会的勢力会長夫人と意味深ハグ!

既にネット上に動画が拡散されていますのでご存知の方も多いと思いますが、

宮迫氏はこの忘年会の中で、「全てが僕の力になる!」という、

自身が参加していたユニット「くず」の曲を熱唱しています。

まぁ、自分の歌であることは間違いないので、単に歌うだけなら問題ないのですが・・・。

ただ、これだけ大勢の人間が集まる忘年会の席で、

自分が組んでいたユニットの歌を歌うという事で、俄かに疑いたくなるのが、

「本当にノーギャラだったのか?」

という問題ですね。

宮迫氏は、「ラブイズオーバー」をはじめ、

色々な方の歌をテレビ番組の中等で披露していますが、

こちらはあくまで番組のカラオケ企画の延長として、

とらえる事も出来るかもしれません。

ただ、既に解散しているとはいえ、ご自身の歌を披露するとなれば、

基本的には営業行為に該当すると言えなくもなく、

その場合、いくらかの営業ギャラが発生していても不思議ではありません。

宮迫氏本人は、「ノーギャラで参加した」旨の発言を崩していませんが、

本当の所はどうだったのか?謎は深まるばかりですね。

また、この忘年会の会場で、

宮迫氏は反社会的勢力の会長夫人をハグしたことがわかっています。

こちらは、会長夫人からのリクエストで行われたとの事ですが、

動画からも分かる通り、宮迫氏のノリノリ感がハンパないですね。

それ以外にも、この反社会的勢力の会長夫妻を、宮迫氏の独断で、

「アメトーーク!」に招待しますと発言した事も、周知の事実です。

最近はスマホで簡単に動画が撮影できる時代です。

このようなイベントに参加された方が、気軽に動画を撮影している姿は

良く見受けられますが、それが簡単にネットの世界に投稿され、

SNSで拡散されてしまう恐ろしい時代になりました。

タレント側の立場に立てば、

タレントの肖像権もあったものじゃないですね。

この辺りは、また別の問題として法整備が急務な問題でもありますが・・・。

スポンサーリンク


釈明の仕方がヘタクソな宮迫氏。吉本興業も含め、自身のメディア露出の多さをもっと認識すべき!

宮迫さんは、この件に関して、ラジオ出演時とツイッター上で謝罪しています。

ラジオ出演時は、「ギャラをもらっていない!」と説明していましたが、

どこか真剣みに欠ける内容で、自分の失態も反省の状況も、笑い変えようとする

宮迫氏の対応が、上辺だけの謝罪に聞こえてしまう場合が多いですね。

また、ツイッターで謝罪した際の謝罪文に「コピペ疑惑」が出てしまい、

こちらに関しても、更に釈明する事態に発展しています。

その間、宮迫氏が出演する、テレビ朝日系列の「アメトーーク!」は、

これまで通り放送されている事実もあります。

宮迫博之 闇営業で大炎上も、テレビ朝日「アメトーーク!」に守られ今後も安泰!?

とにかく現状は、超売れっ子芸人の宮迫氏ですから、

世間の目に晒される機会が、他の参加芸人と比べても圧倒的に多いわけです。

そうすると、視聴者が宮迫氏を目にするたびに、

悪いイメージが増殖されてしまうのは、致し方が無い事だと思います。

現状この件に関して、宮迫氏の所属事務所の吉本興業は、

宮迫氏に対して「厳重注意」をされたそうですが、

とにかく過去にも不倫スキャンダル等含めて、ワイドショーネタが多い宮迫氏ですので、

吉本興業も「厳重注意」ではなくもっと重い処分をすべきだったと考えます。

既に、タレントイメージとして、限りなく「クロ」に近い宮迫氏ですが、

芸人としての存在感は抜群ですし、人気もある芸人ですので、

今後これ以上きな臭いスキャンダルが出て来ない事を祈ります。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする