闇営業 宮迫ノーギャラ嘘!100万貰う!300万のギャラを山分けか!?

2019年6月21日号のFRIDAYが報じた、

カラテカ入江氏が仲介した反社会的勢力との「闇営業」問題で、

今回の闇営業事件に深い関わりがあったA氏の証言が、

週間FLASH(2019年7月2日号)に掲載されています。

この記事には、仲介役のカラテカ入江をはじめ、

参加した宮迫博之や田村亮など、

口を揃えて「ノーギャラだった」と語っていましたが、

真相はどうやらそうではないようで・・・

スポンサーリンク


「表の会社」を使ってギャラ振込。妙に信ぴょう性のある300万円の取り分とは・・・?

「宮迫さんや入江さんが『ノーギャラだった』と弁解するのを聞いて、笑っちゃいましたよ。彼らは嘘ばっかり言ってますよ……」

とは、今回の闇営業疑惑に深く関与した、A氏の証言です。

A氏曰く、

「私は当時、詐欺グループ全体の『表の顔』として動く会社で、お金を管理していました。グループ内では、『金庫番』という立ち位置になります。問題になっている闇営業で、仲介役の入江さんと、ギャラなど金銭面の交渉をしたのも私です。」

と証言しています。

このA氏の証言によると、

「彼が提示してきたギャラは、「帯3本(300万円)」でした。
宮迫さんに100万円を渡し、入江さんが10%の30万円、残りの170万円をほかの芸人さんたちで分けると説明されました。
グループ内に4つある『表の会社』を使い、前払いで、入江さんのM銀行の口座に
300万円を振り込みました。」

とても、「なるほど!」という証言です。

以前の私の投稿で、以下のような内容を書きました。

「闇営業」騒動渦中の宮迫博之 圧倒的にバッシングが多い理由は、反社会的勢力会長夫人との関連性にあった!?

忘年会当日の、宮迫氏のサービス精神旺盛度合いが、

尋常ではないと感じた事です。

確かに、宮迫氏が歌い、MCをした時間は15分程度との事です。

ただし、そのステージ内容が、営業行為以外の何者でもない。

人気デュオ「くず」の「全てが僕の力になる!」を、振りつきで熱唱すると、

新郎新婦に「「アメトーーク!」にお2人をぜひご招待したいです!

とやってしまった。

完全に、相手のTOPに対する最大限のサービスとなっていますし、

クローズドの世界でギャラが発生しているからこそ、

オープンスペースではできないような、

サプライズステージを行ったと推測できます。

また、他の芸人や入江への仲介手数料10%という数字も、

超現実的な数字です。

これだけ具体的な報道がなされてしまった後、

この会に参加した芸人たちが、ノーギャラを貫けるのか、

今後の成り行きを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク


反社会的勢力の会である事は、参加者を見れば一目瞭然だった・・・

会場になったホテルの駐車場には、

20代の参加者が大半の状態には似つかわしくない、

ベンツやBMW、ベントレーといった、超高級車が所狭しと並んでいたようです。

見た目的に、強面の男が多数いて、

まともな集まりには絶対に見えないような集団だったと言います。

また、詐欺行為を連想させるような会話がそこかしこでなされていたり、

タトゥーを露出した参加者が多数いたりと、

会場は尋常ではない空気に包まれていたと言います。

「あの人は「現役」の方だから、粗相がないように!」

という会話すら、なされていた模様です。

すでに吉本興業の契約は解除されているとはいえ、

著名なカラテカ入江を始め、宮迫、田村亮など、

名の知れた吉本芸人が多数参加していた今回の忘年会について、

今後、参加芸人たちがどのようなコメントを発表するのか。

一人が口を割ってしまった段階で、

一気にドミノ倒し的に新しいコメントが出てきかねない、

とても怖い感じがします。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする